1. HOME
  2. ブログ
  3. IT技術
  4. 新人エンジニア研修のメンターやってみた~教材学習フェーズ~

新人エンジニア研修のメンターやってみた~教材学習フェーズ~

はじめに


前回の記事にて

新人が「仕事と技術をスムーズに吸収できる状態」になること

が新人研修の目的と定義しました。

今回の記事では、実際の研修で何をやり、何を考え、何が起こったのか?
を記述します。

2ヶ月間の研修内容

今回、メンター業務以前の研修内容を決めるところから関わりました。

  • 教材学習フェーズ:1ヶ月
  • アプリづくりフェーズ:1ヶ月

今回は、「教材学習フェーズ:1ヶ月」についての話をします。

教材学習フェーズ:1ヶ月

以下の教材を利用。

このフェーズの目的

  • 異なる技術をスムーズに吸収するための基礎知識をつけてもらう
  • 後のアプリづくりフェーズで使う技術知識を身につけてもらう

このフェーズでやったこと

  • 教材のコードを真似て実装してもらう
  • 実装した内容をGithubでPullRequestとして提出してもらう
  • 毎日夕方に30分程度の定例ミーティング

メンターとして何を考え、何をやったのか?

個人的に
教える側の心構えとして

「教えること」が目的ではない
「理解してもらうこと」が目的

という考え方を持っています。
「教えた気になってはいけない」と言い換えても良いですね。

そのため
毎日の定例ミーティングの内容を工夫しました。

「進捗確認」「次回やることの確認」以外に

「学習した内容を処理の流れベースで説明してもらう」ことにしました。

  • 学習した内容を説明できているか?
  • 曖昧な理解になっていないか?
  • 誤った理解で説明していないか?
  • 知識に不足はないか?

上記を意識して、研修者の説明を聞く。
当てはまった場合は、正しい理解になるように説明する。

ただし、本人の説明だけでは上記は分からないので
引き出せるような質問をする。
(いわゆる「素人質問で恐縮ですが」の形式で質問)

  • なぜそのような実装にしようと思ったのか?
  • このメソッドはどこから呼び出されているのか?
  • この定義はどこにあるのか?
  • このライブラリを使用している目的は?

などなど、説明を聞いていて「理解が薄そうだなー」「自信なさそうだなー」と感じたところを質問して掘り下げていくと、研修者の理解度を把握することができます。

そして
「学習したことを、他人に説明できるようになってください」と伝えました。
「他人に説明できるように」を意識すると、その事柄に対する自身の理解度を認識できます。
それを狙ってのことでした。

何が起こったか?

この形式の定例ミーティングを続けたことで、着実に研修者の知識がついていることを感じました。
後の「アプリづくりフェーズ:1ヶ月」でも知識を活かせているように見えました。

教材学習はただやるだけでは身につきません。
自分の理解度を認識し、理解するように努める姿勢で勉強してもらえたと思います。

一方
定例ミーティングの時間が想定よりも長くなってしまいました。
設定された30分の時間を大きくオーバーすることがしばしばあり、実際には1時間近くかかることがよくありました。

疑問点を解決しきるまでミーティングで会話をしていたことが、時間の長さにつながった一因と考えられますが、
定例ミーティング以外での質問などのやりとりが少なかったので、定例ミーティングにしわ寄せがきたことも一因かもしれません。

定例ミーティングの進行を見直すと同時に、
研修者が定例ミーティング外でも質問しやすい空気づくりが必要だと感じました。

次回は、「アプリづくりフェーズ:1ヶ月」について記述します。

関連記事

採用情報

\ あの有名サービスに参画!? /

バックエンドエンジニア

\ クリエイティブの最前線 /

フロントエンドエンジニア

\ 世界を変える…! /

Androidエンジニア

\ みんなが使うアプリを創る /

iOSエンジニア