1. HOME
  2. ブログ
  3. IT技術
  4. 【Unity】無料化されたBoltのメリットや使い方をご紹介【解説・チュートリアル】

【Unity】無料化されたBoltのメリットや使い方をご紹介【解説・チュートリアル】

Unityで無償化された「Bolt」とは?

2020年7月、「Bolt」が無償化されましたね!

元々有料でアセットストアで販売されていましたが、Unity のパッケージに加わり、どのユーザーでも利用が可能になりました。

ビジュアルプログラミングツール

ちなみに Bolt とは、フロータイプ(ブロックを線でつなぐタイプ)の「ビジュアルプログラミングツール」です。

つまり、ノードといわれるブロックを繋げて、プログラミングしていくわけですね!

例えば、Unity のツールである「Shader Graph」や「Visual Effect Graph 」なども、ノードを繋げてシェーダーやエフェクトを作れます。

そのとき、シェーダー言語を書く必要はありません。

今回は、そんな Bolt のメリットやデメリット、さらに使い方も解説していきます!

こちらの記事もオススメ!


Boltのメリットとデメリット

メリット

Bolt のメリットは、次の3つです。

  1. ノードを繋ぐ事で、直感的にコードを作れる
  2. リアルタイムでどこが実行されているのか分かるのでエラーが見つけやすい
  3. 慣れればコードを書くより早い

デメリット

続いて、デメリットについても、3つほど見ていきましょう!

  1. エディタ画面が大きく、デュアルディスプレイや大きい画面が必要
  2. メソッドの選択肢が多く、ごちゃごちゃしている
  3. ネットの情報が少ない、英語のチュートリアルは豊富にある

ここまでで、なんとなく「Bolt」のイメージが掴めたでしょうか?

次からは、実際に Bolt を使っていきましょう!

Boltの使う準備

まずは、Bolt をインストールします。

Bolt は、アセットストアから入手することができます。

では、アセットストアで「Bolt」と検索してましょう。

Bolt が見つかったら、「Download」をクリックします。

ダウンロードが完了したら、「Import」 もクリックしましょう。

すると、以下のような画面が表示されるので、もう一度「Import 」をクリックしてください。

Boltを設定する

次に Bolt の設定を行っていきます。

上のメニューバーから 「Tools > Install Bolt」 と、順にクリックしていきましょう。

すると、以下のようなウィンドウが出るので 、ここでも「Import」をクリックします。

インポートが完了すると、以下のようなウィンドウが出ます。

Next」をクリックして、次の画面に移ります。

次の画面では、Bolt 内の表示名などを変更できます。

設定を進めていき、以下のようなウィンドウが出てくれば、設定完了です!

Boltの使い方を紹介

Boltで球を転がしてみた

それでは、実際に Bolt を使ってみましょう!

今回は、「Rigidbody」を使って、球を転がしてみたいと思います。

まず、「Plane」と「Sphere」を用意しましょう。

次に、Camera で「Sphere」を見れるように、位置を調整して下さい。

下の画像のようになれば、OK です!

Bolt機能を使えるようにする

次に Sphere の Inspecter ビューから、「Add Component」を押して、 「Rigidbody」と「Flow Machine」を選択します。

「Flow Machine」とは、Bolt の機能を使えるようにするための設定です。

次に 、Flow Machine の項目内にある、「New」というボタンを押します。

すると、以下のような画面になるので、任意の名前をつけて保存しましょう。

保存先は、同一プロジェクトの asset ファイル内にするのがいいと思います。

保存したら、「Edit Graph」を押して、ワークフロー画面に移りましょう!

ワークフロー画面を操作する

今回は、ボールを動かすために、「キーの入力」と「力を加えるAdd Force」を使います。

ワークフロー画面上で右クリックをして、「Fixed Update」と検索してください。

「Fixed Update」を、画面にドラッグ&ドロップします。

これだけの作業で、コードでは「void FixedUpdate() 」と書いたことになります!

どんどんボックスを置いていく

次に、「Input GetAxis」と「Rigidbody AddForce」を検索してドラッグ&ドロップしてください。

このとき、「Input GetAxis」を複製して、2つ配置しておきましょう。

2つ配置する理由は、キー入力で「前後」「左右」を受け付けるためです。

それぞれの AxisName は、ひとつには「Horizontal」、残りのひとつには「Vertical」と入れてください。

これで、前後左右のキー入力を受けることができます。

ボックスをつなげる

次は、下の画像のように、配置したボックスをつなげてみてください。

たったこれだけで、Bolt でのプログラミングが終わりです。

では、実際に動くか試してみましょう!

もし動かない場合は、置いているボックスを間違えていたり、Axis Nameを間違えているかもしれません。

「Bolt 2」がリリース予定

実は、「Bolt 2」のリリースが予定されています。

Bolt 2 は、Bolt を大幅に改良したものになるらしいです。

そのため、「Bolt」から「Bolt 2」に移行するときは、様々な配慮がなされるのだとか。

現在は、α版の Bolt 2 を開発しているようなので、興味があれば検索してみてくださいね!

もちろん、Bolt 2 についても無償予定で、今年中に新しい情報が伝えられるそうです。

今後、Bolt 2 には注目しておきたいですね!

さいごに

他のビジュアルプログラミングソフトに比べると、「慣れるまでにはちょっと時間がかかるかな」といった印象です。

例えば、transform.posiion(set) と (get) が同一にされていないので、候補が多くて見辛い感じがあります。

また、スクリプトでどう動くかを考えて、それを Bolt に置き換えて考える必要もありそうです。

とはいえ、慣れれば直感的に、 Bolt でプログラムを組めるようになるかと思います。

今後リリース予定の「Bolt 2」が、より使いやすいものへ進化すると考えると、今から楽しみですね!

記事を書いた人

\ 実はあのゲームも作ってる!? /
(株)ライトコードは、WEB・アプリ・ゲーム開発に強い「好きを仕事にするエンジニア集団」です。
Unityでの開発依頼・お見積もりはこちらまでお願いします。
また、WEB・スマホ・ゲーム系エンジニアを積極採用中です!
※現在、多数のお問合せを頂いており、返信に、多少お時間を頂く場合がございます。

こちらの記事もオススメ!


ライトコードよりお知らせ

にゃんこ師匠にゃんこ師匠
システム開発のご相談やご依頼はこちら
ミツオカミツオカ
ライトコードの採用募集はこちら
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
社長と一杯飲みながらお話してみたい方はこちら
ミツオカミツオカ
フリーランスエンジニア様の募集はこちら
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
その他、お問い合わせはこちら
ミツオカミツオカ
   
お気軽にお問い合わせください!せっかくなので、別の記事もぜひ読んでいって下さいね!

一緒に働いてくれる仲間を募集しております!

ライトコードでは、仲間を募集しております!

当社のモットーは「好きなことを仕事にするエンジニア集団」「エンジニアによるエンジニアのための会社」。エンジニアであるあなたの「やってみたいこと」を全力で応援する会社です。

また、ライトコードは現在、急成長中!だからこそ、あなたにお任せしたいやりがいのあるお仕事は沢山あります。「コアメンバー」として活躍してくれる、あなたからのご応募をお待ちしております!

なお、ご応募の前に、「話しだけ聞いてみたい」「社内の雰囲気を知りたい」という方はこちらをご覧ください。

ライトコードでは一緒に働いていただける方を募集しております!

採用情報はこちら

書いた人はこんな人

ライトコードメディア編集部
ライトコードメディア編集部
「好きなことを仕事にするエンジニア集団」の(株)ライトコードのメディア編集部が書いている記事です。

関連記事

採用情報

\ あの有名サービスに参画!? /

バックエンドエンジニア

\ クリエイティブの最前線 /

フロントエンドエンジニア

\ 世界はお前の手の中に・・・ /

モバイルエンジニア

\ サービスの守り神! /

インフラエンジニア