1. HOME
  2. ブログ
  3. ITエンタメ
  4. 【孫正義】日本一の実業家はどうやって生まれたのか?

【孫正義】日本一の実業家はどうやって生まれたのか?

日本一の富豪って誰?

にゃんこ師匠にゃんこ師匠
ミツオカは、日本一の富豪って誰か知っておるか?
ミツオカミツオカ
あ!知ってます!「孫正義」さんですよね!
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
お、知っておったか!なかなか博学じゃのう
ミツオカミツオカ
お金の話は得意ですよ!
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
お、おおう…それでか

孫正義ってどんな人?

出典:Wikipedia

「孫正義」氏といえば、日本ソフトバンクの創業者であり、総資産が2兆円を超える日本一の大富豪です。

とてつもない金額ですね…

実はこの大成功の裏には、伝説として語り継がれる、数々のストーリーが隠されています。

また、彼自身の圧倒的な人間力も、大成功にはかかせない「」。

今回は、日本の成功者の代表格「孫正義」が、どのように生まれたのか、その謎に迫っていきたいと思います!

こちらの記事もオススメ!


孫正義の生い立ち

孫正義は、子供時代に「貧しかった時期」と「お金持ちだった時期」の両方を経験しています。

そうした特殊な環境で育ちながら、学生時代には、普通では考えられないストーリーを数々残してきました。

幼少期の極貧生活

孫正義は、1957年に佐賀県鳥栖市の集落で、安本家の次男として生まれました。

しかし、在日韓国人の3世として生まれた孫正義の家庭は、非常に貧しいものだったそうです。

そんな中、父の安本三憲は、密造酒や養豚、金貸しなどで生計を立てていました。

建てられた家の住所は「無番地」と呼ばれる、整備のされていない土地で、住む事さえグレーな場所。

ちなみに、安本という苗字は、日本で住むために使う「通名」。

孫正義も子供のころは「安本正義」と名乗っていました。

その後、父の三憲がパチンコ屋を始めたことで、一気に生活は豊かになりました。

そして、パチンコ店数十店舗を経営し、高級車は複数台も所有して、豪邸にも住めるまでになったこともあったそうです。

ミツオカミツオカ
今の状況からは全く想像できない時代があったのですね
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
みんな、まさかと思うじゃろうな

坂本龍馬に憧れた学生時代

福岡県の城南中学校に入学した孫正義は、司馬遼太郎の小説「竜馬がゆく」に出会います。

ひどく感銘を受けた孫正義は、その当時から高い志を持ち、「何事かを成したい」と考えるようになりました。

高校に入ったが中退しアメリカ行きを決意

中学を卒業後、久留米大学付属高等学校へ進学します。

しかし、研修旅行で行ったアメリカで刺激を受け、通っている高校を退学し、アメリカへ行く決意をします。

教師には退学を止められるものの、「自分には時間が無い」と言い、説得を振り切って1年生の9月で学校を去ったのです。

恩師である藤田田との出会い

その後、アメリカへ旅立つ準備をしていた孫正義は、「ユダヤの商法」という一冊の本に出会います。

この本は、アメリカから日本へマクドナルドを持ち込み、日本マクドナルドを創業した「藤田田」の著書でした。

ユダヤの商法を読んで、感銘を受けた孫正義は話を聞くべく、藤田田の元へ直接会いに行きます。

しかし、大企業の社長であった藤田に直接会うことは難しく、追い返されてしまいました。

それでも、諦めずに何度も会いに行ったことで、諦めた藤田が15分だけ社長室で会う機会を与えたのです。

コンピューターの時代

孫正義は、ユダヤの商法を読んだこと、そして自身がアメリカに留学へ行くことを告げ、「自分はアメリカで何を学ぶべきか」を問います。

すると藤田は、

「これからは、コンピューターの時代だね。オレがお前の年齢ならコンピューターを勉強する」

と、答えたのです。

これが後に、IT実業家の「孫正義」を生み出すキッカケとなったわけですね!

セラモンテハイスクールを3週間で卒業

アメリカへ渡った孫正義は、高校卒業資格が無いため、セラモンテハイスクールに通います。

しかし、いち早く大学へ進学したかった彼は、

教科書の内容は全て理解できているので卒業させてくれ

と、校長に直談判。

その結果、見事に3週間でハイスクールを卒業したのでした!

ホーリーネームズ大学を受験し合格

名門ホーリーネームズ大学の受験を決意した孫正義ですが、テストの問題文は、もちろんすべて英文

アメリカに来たばかりの孫正義は、「不利だ」と考え、大学側に次のように申し出ます。

問題が分かれば全て解けるので、私に辞書の借し出しをしたうえで、テスト時間の延長をしてください。

この申し出は、当然許可されず、断られます。

それでも、孫正義は食い下がりませんでした。

それに折れた教官は、この申し出を上司に相談。

そして、上司から上司へと相談が回り、当時の州知事にまで直接抗議する事態になったのです。

ついに孫正義は、州知事と電話で直談判し、「辞書の貸し出し」と「試験時間の延長」の許可を得る事に成功!

受験には問題なく「合格」し、見事にホーリーネームズ大学への進学を決めたのでした。

ミツオカミツオカ
思いついての行動力と、それを全部実現させてしまう熱量は笑ってしまうくらいすごいですね!
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
常識で考えると難しい事ばかりじゃが、実現できてしまったのは驚きじゃ

伝説の実業家として歩みだす

  1. セラモンテハイスクールを3週間で卒業
  2. 大学の受験システムを変更させて入学

など、普通の学生では考えられない行動を起こしてきた孫正義。

そして、後に「伝説の実業家」と言われる彼は、大学生の時点で実業家としての頭角を現します。

人生50年計画を作成する

  1. 20代で名乗りを上げ
  2. 30代で軍資金を最低で1千億円貯め
  3. 40代でひと勝負し
  4. 50代で事業を完成させ
  5. 60代で事業を後継者に引き継ぐ

これは、19歳になった孫正義が、今後の50年間の人生を見据えて打ち立てた、成功のための「人生計画」です。

現在の孫正義を見てみると、この「人生計画」を、確実に実行しているのが分かりますね!

在学中に「自動翻訳機」を発明

「30代で1千億円貯める」という人生計画を達成するには、「学生時代もムダにはできない」と考えた孫正義。

そんな彼は、「毎日5分間は、発明に時間を使う」と決意します。

その結果、250以上のものアイディアが生まれ、「自動翻訳機」の案も生み出されたわけです。

しかし、彼だけでは、アイディアを製品として作り上げる力はありませんでした。

そこで孫正義は、物理やコンピューターに携わる専門家に、片っ端から電話をかけ「私に力を貸してほしい」と直談判します。

そうした努力が実り、3年生で編入したカルフォルニア大学在学中には、「音声機能付きの他言語翻訳機」を開発!

その後、SHARP で当時技術本部長を務めていた佐々木正に、開発した技術を売り込み、合計で1億円の出資を受ける契約を勝ち取ったのです。

インベーダーゲームの輸出をおこなう

出典:Wikipedia

SHARP との契約で得た報酬は、自動翻訳機の開発チームで分配。

孫正義は、その余った資金で、「ユニソンワールド」という企画会社を設立しました。

このユニソンワールドでは、あの有名な「インベーダーゲーム」を、アメリカへ輸出するビジネスを展開しています。

日本で爆発的にヒットしていたインベーダーゲームでしたが、1979年にもなると、その人気は沈静化。

そこに目を付けた孫正義は、アメリカでもブームが起きると予想し、日本で価格の落ちたインベーダーゲームを350台程入手するのです。

そして、アメリカで販売した事で、予想通りブームが起き、半年の間で1億円の利益を獲得しました。

にゃんこ師匠にゃんこ師匠
50年設計して、それを実現してしまうとはの
ミツオカミツオカ
孫さんのここまで動かす原動力って何なのですかね!

帰国後に福岡で日本ソフトバンクを設立

日本に帰国後は、国内初のPCソフトウェアの卸売り会社、「日本ソフトバンク」を設立します。

そして、ソフトウェアの最大手である「ハドソン」と独占契約を結び、出版や広告業など事業を拡大していったのです。

日本電子工業展である大阪エレクトロニクスショーでは、当時無名ながらも、「Panasonic」や「SONY」と同程度のブースも開設。

このとき、資本金の8割にあたる、「800万円」を投じていました。

その結果、日本ソフトバンクは、一気にその名を全国へ知らしめたわけですね!

Yahoo!JAPAN設立

Yahoo!」は、アメリカにあるインターネットの会社で、当時日本に設立したいと考える同業他社が多くいました。

しかし他社では、インターネットが普及し始めたばかりだったため、日本での設立は長期的な計画になっていたのです。

ところが、孫正義がとった行動はその逆。

なんと、Yahoo! に「3か月で日本に設立する」と、どこよりも早く設立することを宣言したのです。

その後、孫正義が契約を獲得したことは、言うまでもありません。

にゃんこ師匠にゃんこ師匠
ここまでくると驚きも薄れてくるのが、逆にすごい
ミツオカミツオカ
もう、何をやっても「あー、孫さんなら」って思ってしまいますね(笑)

ネットバブル崩壊後通信業界へ

コンピューターからPC、そしてインターネット事業へと、順調に事業を拡大してきた孫正義。

そんな彼にも、ピンチが訪れます。

2000年代初頭、アメリカの IT バブルが崩壊したあおりを受けて、日本でもネットベンチャーやIT企業が、次々に倒産する事態となったのです。

もちろん、孫正義の会社も打撃を受けて、自社株は10分の1にまで低下

しかし、彼はこのピンチにも屈せず、更に電話通信業へと事業を拡大していきます。

Yahoo!BBを設立

2001年には「Yahoo!BB」を設立し、業界最大手であるNTT よりも、早い回線を繋げようと考えます。

しかし、通信事業に立ち入るためには、NTT の通信基地に立ち入らなくてはいけません。

さらにNTT の対応が悪く、「事業の進行が困難である」と感じた孫正義は、総務省へ直談判へ。

そこで、

NTT の事業妨害を総務省が対応しないのであれば、ガソリンをもっていき火をつける

と言い放ったのです。

この一件により、NTT が独占していた回線を使う事ができるようになり、通信の自由化が加速したわけですね!

iPhoneの独占販売

出典:Wikipedia

2007年に孫正義は、Apple の創業者である、スティーブジョブズに出会います。

そして、音楽と携帯電話の機能をあわせ持った、「iPhone」の構想を聞いたのです。

もちろん、ここでも孫正義は、「自社で独占販売したい」と考えます。

しかし、同業他社もその考えは同じで、iPhone の独占販売を狙っていました。

独占販売のために会社デザインを一新

孫正義は、iPhone の独占契約を行うために、会社のデザインまでも変更してしまいました。

これは、全力でiPhone を迎え入れる準備をしていると、アピールするため

なんと、Apple ショップとイメージが似るように、ソフトバンクショップの改装をおこなったのです。

その結果、「店舗」「イメージカラー」「ロゴ」までも、白と銀の二色で統一されていったわけですね!

その後は、もちろん独占販売の契約を獲得しています。

新30年ビジョン

2010年の株式総会で、孫正義は「新30年ビジョン」を発表しました。

その内容は、「ソフトバンクグループが次の30年も情報革命により人々を幸せにし、世界から最も必要とされるグループになるためのプレゼン」でした。

具体的には、次のような内容を語っています。

  1. 何のために頑張るかという「理念」
  2. 目標を達成するには、どう進むべきかという「ビジョン」
  3. どう歩いていくかという「戦略」
  4. テクノロジーの進歩

現在改めて見ると、ただ先読みしただけではなく、正しい情報源から読み取った、戦略的ビジョンということがわかりますね!

にゃんこ師匠にゃんこ師匠
まだまだ今後も何かしてくれそうじゃな!
ミツオカミツオカ
新30年ビジョンに目が離せませんね!

さいごに

その後も、学校の設立や、東日本大震災で100億円の寄付をおこなうなど、社会貢献にも余念がありません。

今では「60代」と、人生50年計画でいうと、「事業継承」の時期に入っています。

しかし、2019年のインタビューでは、自身の実績にはまだまだ満足していない様子。

彼の止まる事のない向上心がアイディアを広げ、さらに世界へ打って出る姿に期待するばかりですね!

記事を書いた人

\ 何事かを成したい /
(株)ライトコードは、WEB・アプリ・ゲーム開発に強い「好きを仕事にするエンジニア集団」です。
システム開発依頼・お見積もりはこちらまでお願いします。
また、WEB・スマホ系エンジニアを積極採用中です!
※現在、多数のお問合せを頂いており、返信に、多少お時間を頂く場合がございます。

こちらの記事もオススメ!



さいごの一言

にゃんこ師匠にゃんこ師匠
どうじゃったかな?孫正義氏の歴史は
ミツオカミツオカ
最初はお金持ちのすごい人って漠然としたイメージでした
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
おお…すごいストレートじゃな(笑)
ミツオカミツオカ
でも、それを吹き飛ばすほど、行動力と実現力がすごい人だってイメージに代わりました!
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
そうじゃな!今後どう活躍されるか楽しみで仕方ないの~!

ライトコードよりお知らせ

にゃんこ師匠にゃんこ師匠
システム開発のご相談やご依頼はこちら
ミツオカミツオカ
ライトコードの採用募集はこちら
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
社長と一杯飲みながらお話してみたい方はこちら
ミツオカミツオカ
フリーランスエンジニア様の募集はこちら
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
その他、お問い合わせはこちら
ミツオカミツオカ
   
お気軽にお問い合わせください!せっかくなので、別の記事もぜひ読んでいって下さいね!

一緒に働いてくれる仲間を募集しております!

ライトコードでは、仲間を募集しております!

当社のモットーは「好きなことを仕事にするエンジニア集団」「エンジニアによるエンジニアのための会社」。エンジニアであるあなたの「やってみたいこと」を全力で応援する会社です。

また、ライトコードは現在、急成長中!だからこそ、あなたにお任せしたいやりがいのあるお仕事は沢山あります。「コアメンバー」として活躍してくれる、あなたからのご応募をお待ちしております!

なお、ご応募の前に、「話しだけ聞いてみたい」「社内の雰囲気を知りたい」という方はこちらをご覧ください。

ライトコードでは一緒に働いていただける方を募集しております!

採用情報はこちら

書いた人はこんな人

ライトコードメディア編集部
ライトコードメディア編集部
「好きなことを仕事にするエンジニア集団」の(株)ライトコードのメディア編集部が書いている記事です。

関連記事

採用情報

\ あの有名サービスに参画!? /

バックエンドエンジニア

\ クリエイティブの最前線 /

フロントエンドエンジニア

\ 世界はお前の手の中に・・・ /

モバイルエンジニア

\ サービスの守り神! /

インフラエンジニア