1. HOME
  2. ブログ
  3. エンジニアになろう!
  4. 【AWSの意外な落とし穴】クラウドサービスに頼りっぱなしは厳禁!
【AWSの意外な落とし穴】クラウドサービスに頼りっぱなしは厳禁!

【AWSの意外な落とし穴】クラウドサービスに頼りっぱなしは厳禁!

クラウドサービスは便利だけど、頼りすぎはダメ!

にゃんこ師匠にゃんこ師匠
いい話には裏がある…
ミツオカミツオカ
どうしたんですか、師匠?
猫カフェで詐欺にでも遭いました?
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
にゃんでそれを…!!
ミツオカミツオカ
あっはっは!
朝から笑わせないでくださいよ、師匠~
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
ふん…!
おぬしのような輩がクラウドサービスの落とし穴にはまってしまうんじゃよ!

クラウドサービス頼みばかりだと、どんな弊害がある?

最近流行りのクラウドサービスのなかでも人気の「AWS(Amazon Web Services)」。

業界トップシェアを誇るだけあり、認知度だけでなく、提供しているノウハウも他サービスを圧倒しています。

オンプレミスでの構築と比べてメリットも多いため、実際に導入してみると「AWS なしでは成り立たない!」くらい快適になることも。

しかし、クラウドサービスは便利なばかりではありません。

今回は、AWS に過度に頼ると、どんな弊害があるのかを見ていきましょう!

初心者は要注意!AWS ばかりでは技術が身につかない

初心者は要注意!AWS ばかりでは技術が身につかない

AWS の最大のメリットは、なんといっても「簡単に環境構築ができる」ことです。

たとえば、個人用のサーバを立ち上げたい場合、AWS アカウントさえあれば、コンソール画面から数ステップの操作だけで完了してしまいます。

また、AWS はクラウドサービス大手だけあり、公式リファレンスや AWS 関連のハウツーサイトも充実しています。

そのため、インフラ周りの知識が浅い初心者エンジニアでもさほど苦労せず、目的に合った環境構築をすることができるのです。

しかし、そんな初心者エンジニアが陥りやすいのが、「いつまでたっても技術が身につかない」罠。

どういうことか、実際にオンプレミスと AWS での環境構築方法を比べてみましょう。

オンプレミスで環境構築をした場合

まずは、AWS なしで環境構築を行うと仮定します。

  1. サーバを用意
  2. サーバに OS を導入
  3. OS の設定
  4. ネットワークの設定
  5. Web サーバの導入と設定
  6. データベースの導入と設定
  7. メールサーバの導入と設定
  8. それぞれの機能が連携できるよう設定

一般的には、このようなステップとなります。

しかし、初心者が実際にこの通りやろうとしても、十中八九、どこかのステップでつまずくはずです。

リサーチにかかる時間も含めれば、2週間以上かかってもおかしくありません。

試行錯誤を重ね、ときには先輩エンジニアのアドバイスを求めることもあるでしょう。

そうした経験と知識が、これからのエンジニア人生でおおいに役立つことになるのです。

AWS で環境構築した場合

一方、同じく初心者エンジニアが、AWS で同じ環境構築をするケースを考えてみましょう。

  1. ネットワーク「Amazon VPC」の設定
  2. 利用するサーバ「EC2インスタンス」の性能と OS を選択
  3. Web サーバの導入と設定
  4. データベース「AWS RDS」の導入と設定
  5. メールサーバ「Amazon SES」の導入と設定
  6. クラウドの設定を調整し、環境を整える

やることは同じでも、ほとんど AWS が提供しているサービスで事足りるため、オンプレミスと比べて半分ほどの時間で完了すると思います。

もちろん、初心者なのでつまずく箇所もあるでしょうが、「構築したのに動かない!」なんて事態にはほぼなりません。

ネットワークやデータベース、Web サーバの構築及び連携に関する知識がなくても、なんとかなるように出来ているのが AWS です。

つまり、初心者エンジニアは AWS ばかりに頼っていると、基礎が身についていない「初心者」から抜け出せなくなってしまいます。

クラウドサービスに慣れすぎてはダメ

クラウドサービス依存の悪循環

薬物依存の悪循環サイクルの図を見たことはありますか?

これを、クラウドサービスに置き換えて考えてみましょう。

クラウドサービスに慣れすぎると、以下のように、クラウドサービスありきの考え方になってしまいます。

  1. クラウドを利用すれば環境構築できるけど、クラウド以外では無理
  2. クラウドなら簡単にできることが、オンプレミスだと面倒くさく思ってしまう

システム上、クラウドサービスを導入できなかったり、そもそも求める機能がクラウドサービスにない場合、何もできないエンジニアになってしまうのは嫌ですよね。

にゃんこ師匠にゃんこ師匠
こうして、無能なエンジニアを量産しかねないのが、クラウドサービスの恐ろしいところじゃ
ミツオカミツオカ
初心者なのはもちろん悪いことじゃありませんけど、向学心がないのは論外ってことですね

教訓①基礎的な技術と学び続ける姿勢はマスト

教訓①基礎的な技術と学び続ける姿勢はマスト

知識や技術だけが優秀なエンジニアの条件ではありません。

「プログラムやソースコードを書いたことはないけど、設計書の作成や要件定義はバッチリ!」というクラウドエンジニアだっています。

しかし、エンジニアたるもの、技術に対する探究心は是非とも持っておくべきです。

  1. クラウドサービスを利用すれば実現可能だけど、それはどうしてだろう?
  2. クラウドサービスなしで実現するためには、どうしたらいいだろう?

このような気持ちを常に忘れず、日々スキルを磨いていくことが大事ですよ。

にゃんこ師匠にゃんこ師匠
「習うより慣れろ」とも言うが、この場合は「習う」ことも大事じゃぞ!
ミツオカミツオカ
了解です! 勉強あるのみですね!

安易に手を出すべからず。クラウドサービス利用の失敗事例

安易に手を出すべからず。クラウドサービス利用の失敗事例

ここでは、正しい技術とクラウドの知識を持っていれば防げたかもしれない、クラウド活用の失敗例を2つ紹介します。

オンプレミスでの環境なら大した痛手でなくても、クラウドサービスの場合は甚大な被害を被る恐れがあるのです。

クラウドサーバの賃貸借契約が切れて、全データが消失

2020年11月に起きた、クラウドデータ消失事件です。

詳細は、以下のページをご覧ください。

【「ふくいナビ」クラウドの全データ消失、NECキャピタルソリューション社内手続ミスが原因】
https://scan.netsecurity.ne.jp/article/2020/11/10/44794.html

クラウドサービスは、サービスの利用分だけ代金を支払う「従量課金」制がほとんどです。

この失敗例では、サーバの賃貸借契約の手続ミスにより、契約期限を過ぎてしまった結果、クラウドサーバ上に保管していたデータがすべて消えてしまいました。

全データが一切復元不可能なのであれば、クラウドサーバとしてはあるべき姿なのですが…。

この事故は、「クラウドだから安心だよね!」という過信が引き起こした結果ともいえるでしょう。

AWS で作成した IAM ユーザが不正利用された挙句、高額請求された

これは、筆者の知人から聞いたとても怖い話です。

AWS ルートアカウントと IAM ユーザ

AWS を利用する場合、「AWS ルートアカウント」と「IAM(Identity and Access Management)ユーザ」が必要です。

AWS ルートアカウントは、AWS リソースに対して何でもできる権限を持ちます。

そのため、AWS アカウントの発行後は、基本的には利用しないよう運営することが原則です。

一方、IAM は AWS のリソースを管理する仕組みで、様々なアクセス権を持つユーザを作成できます。

IAM をもとに作成されたユーザのことを、IAM ユーザといいます。

そして、「管理者レベル」「開発者レベル」「参照だけできるレベル」といった感じで、役割に応じたユーザの作成ができるのです。

当然ながら、IAM ユーザの認証情報は厳重に管理しなければなりません。

情報漏洩で高額請求が来るはめに

ところが、エンジニアの知識不足のせいで、「管理者レベル」の認証情報が漏洩してしまったのです。

その結果、高性能の EC2インスタンスが全リージョンで起動されてしまい、高額請求のアラートが来ました。

こうした事態は、IAM ユーザに対して「MFA(多要素認証)」の仕組みを導入していれば防ぐことができます。

そもそも MFAは、クラウドを活用するのであれば、当然やるべき対策です。

今回はアラートに気づけたからよいものの、もし気づかず長期間放置していたら…身の毛がよだちますよね。

にゃんこ師匠にゃんこ師匠
データ消失に不正利用…ぞっとする話じゃの~!
ミツオカミツオカ
これこそ「本当にあった怖い話」ですね…

教訓②「便利」と「正しさ」は必ずしも両立しない

教訓②「便利」と「正しさ」は必ずしも両立しない

クラウドサービスは、技術的な知識がなくても使える便利な存在です。

しかし、「簡単に使える」からといって、「正しく使える」とは限りません。

「なんとなくクラウドってカッコいいし、今風だから使ってみようかな?」と軽い考えで手を出すと、痛い目を見ることもあるのです。

クラウドサービスを「正しく」利用するには、そのサービスに対する知識はもちろん、技術的な知識も十分あることがベストです。

にゃんこ師匠にゃんこ師匠
クラウドは確かに便利じゃが、無条件で安全を保障するものではないんじゃ
ミツオカミツオカ
むしろクラウドを使う方が、チェックしなくちゃならないことが多いのかもしれませんね

さいごに

クラウドサービスのなかでも、AWS はエンジニア初心者でも使いやすい仕様になっています。

しかし、過度に AWS に頼りすぎると、技術力の低下や思わぬ事故を引き起こすことになりかねません。

AWS に対する正しい認識をもって、賢くサービスを使いこなしたいものですね。

記事を書いた人

\ AWS大好き /
(株)ライトコードは、WEB・アプリ・ゲーム開発に強い「好きを仕事にするエンジニア集団」です。
アプリ、WEBシステム開発依頼、お見積もりはこちらまでお願いします。
また、WEB・スマホ系エンジニアを積極採用中です!
※現在、多数のお問合せを頂いており、返信に、多少お時間を頂く場合がございます。

こちらの記事もオススメ!


さいごの一言

にゃんこ師匠にゃんこ師匠
どうじゃ、クラウドサービスの危険な一面は…?
ミツオカミツオカ
確かに、「便利」が「当たり前」になっちゃうのは怖いなって思いました。
ドラッグみたいって言う師匠の評価も、あながち間違いじゃないですね
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
いや、ドラッグとまでは言ってにゃいんじゃが…
ミツオカミツオカ
ところで師匠、猫カフェ詐欺の話ですけど…
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
……その話はすな!

書いた人はこんな人

ライトコード社員ブログ
ライトコード社員ブログ
「好きなことを仕事にするエンジニア集団」の(株)ライトコードです!
ライトコードは、福岡本社、東京オフィスの2拠点で事業展開するIT企業です。
現在は、国内を代表する大手IT企業を取引先にもち、ITシステムの受託事業が中心。
いずれも直取引で、月間PV数1億を超えるWebサービスのシステム開発・運営、インフラの構築・運用に携わっています。

システム開発依頼・お見積もりは大歓迎!
また、WEBエンジニアとモバイルエンジニアも積極採用中です!

ご応募をお待ちしております!

関連記事

採用情報

\ あの有名サービスに参画!? /

バックエンドエンジニア

\ クリエイティブの最前線 /

フロントエンドエンジニア

\ 世界を変える…! /

Androidエンジニア

\ みんなが使うアプリを創る /

iOSエンジニア