1. HOME
  2. ブログ
  3. エンジニアになろう!
  4. TypeScript4.1(beta)で追加された新機能とは?
TypeScript4.1(beta)で追加された新機能とは?

TypeScript4.1(beta)で追加された新機能とは?

TypeScript4.1(beta)の新機能とは?

2020年11月に、最新バージョン「4.1」の beta 版がリリースされた TypeScript。

最新版には、以下の7機能が追加されました。

  1. Template string types
  2. Key Remapping in Mapped Types
  3. Recursive Conditional Types
  4. --noUncheckedIndexedAccess
  5. paths without baseUrl
  6. checkJs Implies allowJs
  7. React 17 JSX Factories

今回は、上記のうち特に注目されている3つの機能をメインに、「TypeScript 4.1」の新機能を解説していきます!

こちらの記事もオススメ!


新機能1:Template string types

「Template string types」は、テンプレートリテラルを使って型を定義できる機能です。

具体的には、以下のように、変数展開をする感じです。

全ての組み合わせの型が作成可能

さらに、Union Type を引数にすると、こんなこともできちゃいます!

では、Union Type を2つ定義した場合はどうなるのでしょうか?

結果を見てみましょう!

ご覧のように、「Template string types」を使えば、全ての組み合わせの型を作ることができるのです。

数学の分配法則とよく似ていますね。

新機能2:Key Remapping in Mapped Types

「Key Remapping in Mapped Types」は、asキーワードに Mapped Types を使い、プロパティ名を再定義できる機能です。

4.0 以前の記述

例として、Partial の型定義をしてみましょう。

TypeScript 4.0以前の Mapped Types は、以下のように記述していました。

これでは、プロパティ名は T 型のキー名でしか生成することができません。

4.1の記述

TypeScript 4.1からは「Key Remapping in Mapped Types」を使えば、自由にプロパティ名を設定することができます。

プロパティ名に任意の名前をつける書き方は、以下のように記述してください。

NewKeyType の部分に、自分の指定したいプロパティ名を設定できます。

具体的には、以下のような使い方をします。

こちらの例では、Person 型のプロパティを全て Getter にした例です。

as を使って、Person 型プロパティ名の先頭を capitalize で大文字にしてから、そのプロパティ名の先頭に get を追加しています。

また、capitalize の他にも、以下のようなものが使用可能なので、覚えておくと良いでしょう。

  1. uppercase:全て大文字にする
  2. lowercase:全て小文字にする
  3. uncapitalize:先頭を小文字にする

新機能3:Recursive Conditional Types

「Recursive Conditional Types」は、再帰的に Conditional Type を宣言できるようにした機能です。

TypeScript 4.0以前では、出来ないわけではなかったものの、記述がかなり複雑になってしまうため、自然な記述ができるようになったのはありがたいですね。

この例では、T が読み込み専用の配列なら、その中身の型を取り出すようになっています。

ネストが深い配列も型安全に処理できる

入れ子構造になっている配列を、フラットにするような関数の型も表現できます。

この deepFlatten 関数は、引数 [1, 2, 3][[1], [2, 3]][1], [[2]], [[[3]]]] のどれをとっても、返り値は number 型になります。

では、deepFlatten 関数の型は一体どうなっているのでしょうか?

それぞれの引数で、具体的に関数の型がどうなっているのかを見てみましょう。

このように、どれだけネストの深い配列がきたとしても、再帰的な型定義をすれば、型安全に処理することができるのです。

まだまだある、その他の新機能

以上、特に注目の高い新機能を見てきましたが、TypeScript 4.1にはまだまだ便利な新機能が追加されています。

--noUncheckedIndexedAccess

「--noUncheckedIndexedAccess」は、TypeScript 4.1のコンパイラオプションです。

undefined になりうる全てのインデックスアクセスに対して、エラーを発生させます。

例えば、以下のコードでもエラーが発生します。

この場合、for 文ではなく、forEach や for...of 構文を使えば、エラーを回避できます。

場合によってはオフにしておいた方がいいオプションなので、必要な時にだけオンにするといいでしょう(ちなみに、デフォルトではオフになっています)。

paths without baseUrl

tsconfig.json のプロパティにある「paths」に関する機能です。

paths は、モジュールなどを import する際、パスを簡略化したい時などに使われます。

この新機能では、その paths に baseUrl を指定する必要がなくなりました。

checkJs Implies allowJs

4.0以前は、JavaScript に型を導入したい時、allowJs と checkJs の2種類のオプションがありました。

TypeScript 4.1 からは、デフォルトで checkJs は allowJs を指すようになります。

React 17 JSX Factories

React 17における jsxs・jsx のファクトリ関数をサポートします。

tsconfig.json の「compilerOptions」に、「react-jsx」のように指定すれば使えるようになります。

さいごに

この記事では、TypeScript 4.1の新機能をご紹介しました。

「Template string types」のような手軽に使えて柔軟性が高いものから、「Recursive Conditional Types」のような再帰的に型を定義できるものまで、知ってみると面白いものばかりです。

また、新機能を使ったこんな興味深いサイトもあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【TypeScript 型パズルで作るmini interpreter】
https://medium.com/@Quramy/ネタ-typescript-型パズルで作るmini-interpreter-f21854cf3189

【TS 4.1 の機能で雑に型の足し算・引き算を作る】
https://www.pg-fl.jp/program/tips/ts_typecalc.htm

TypeScript 4.1の新機能を知って、より深い型の世界に浸っていきましょう!

記事を書いた人

\ 3度のメシより技術が好き /
(株)ライトコードは、WEB・アプリ・ゲーム開発に強い「好きを仕事にするエンジニア集団」です。
システム・アプリ開発依頼、お見積もりはこちらまでお願いします。
また、WEB・スマホ系エンジニアを積極採用中です!
※現在、多数のお問合せを頂いており、返信に、多少お時間を頂く場合がございます。

こちらの記事もオススメ!


書いた人はこんな人

ライトコード社員ブログ
ライトコード社員ブログ
「好きなことを仕事にするエンジニア集団」の(株)ライトコードです!
ライトコードは、福岡本社、東京オフィスの2拠点で事業展開するIT企業です。
現在は、国内を代表する大手IT企業を取引先にもち、ITシステムの受託事業が中心。
いずれも直取引で、月間PV数1億を超えるWebサービスのシステム開発・運営、インフラの構築・運用に携わっています。

システム開発依頼・お見積もりは大歓迎!
また、WEBエンジニアとモバイルエンジニアも積極採用中です!

ご応募をお待ちしております!

関連記事

採用情報

\ あの有名サービスに参画!? /

バックエンドエンジニア

\ クリエイティブの最前線 /

フロントエンドエンジニア

\ 世界を変える…! /

Androidエンジニア

\ みんなが使うアプリを創る /

iOSエンジニア