fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. IT技術
  4. 【第1回】Go言語(Golang)入門~環境構築編~

【第1回】Go言語(Golang)入門~環境構築編~

Go言語(Golang)を習得したい!

秋山笹川先生

(株)ライトコードでモバイルアプリケーション開発をしている笹川(ささがわ)です!

(笹川の得意分野は、モバイルアプリケーション開発です)

今回は、重い腰を上げてGo言語(Golang)を習得するために日々ブログにて記録していこうかと思います!

ググればGo言語についての情報はたくさんありますが、今回は「公式ドキュメント」をベースに進めていきたいと思います。

第1回目(1日目)スタートです!

開発環境はこちら

端末Mac Book Pro
OSmacOS Mojave 10.14.6
Golang version1.13

Macにインストール

公式ページに行き、「Download Go」をクリックします。

ちょうど、2019/09/03にVersion1.13がリリースされたようですので、そちらをダウンロードしたいと思います。

ダウンロードが完了すると go1.13.darwin-amd64.pkg というファイルが保存されていますので、そちらをタップします。

インストーラーが立ち上がりました!超便利!!

ポチポチして次に進めちゃいましょう!

インストールが無事に終わったら、念の為、ちゃんとインストールされているかwhichコマンドで確認しましょう。

 

お疲れさまでした!

これでインストールは完了です!

Hello Worldをしてみよう

プログラム入門では、お馴染みの Hello World をやってみましょう!

まずは、PATHを通す必要があります。

笹川は、「作業ディレクトリ」をuserディレクトリの直下に「developmentディレクトリ」を作成し、その中で「各プロジェクトファイル」を置いています。

今回も同様にdevelopment以下で、「go」というディレクトリを作成していきたいと思います。

PATHを通す

では、PATHを通します。

お馴染みのコマンドで更新します。

作業ディレクトリにPATHが通っているかも確認しましょう。

自分の作業ディレクトリが出力できていたら完了です!

ソースファイルを作る

今度は、ソースファイルを作りましょう。

下記コマンドを順番に実行すると、ソースファイルが作成されます。

hello.goの中には、下記を書き込みます。

ビルド

では、書き込みが終わりましたら、ビルドしてみましょう!

hello.goを作成したディレクトリから移動してない場合は、下記コマンドでビルド完了です。

もし移動していたりターミナルを閉じていたら、下記でビルドをしましょう!

hello.goがあるディレクトリの中に、helloという実行ファイルができているかと思います。

実行ファイルがあればビルドは成功です!

実行

それでは、実行してみましょう!

無事「Hello,World」できましたね!

ちなみに、ここまでの流れはこちらの公式ドキュメントに記載されていますので、不明点などはそちらを参考にしてみて下さい。

パッケージ管理ツールを入れてみよう

パッケージ構成などはまだ良くわかってないのですが、パッケージ管理ツールは入れたほうが良いようなので入れてみます。

選択肢は、「vgo」「dep」あたりがトレンドのようです。

「vgo」は、公式が薦めているようです。

しかし、多くの方が「dep」のほうを使っていて、情報収集しやすそうだったので、今回は「dep」にしようかと思います。

depのインストール

depのリポジトリのREADMEの指示通りにしてみます。

最新バージョンがインストールされていれば2行目は不要です。

笹川は、見事に「最新版入ってる!」と怒られました。

確認

それでは、ちゃんとインストールが成功しているか確認します。

大丈夫そうですね!

これでdepのインストールは完了です

プロジェクトを作ってみよう

引き続き、depの操作になります。

depの公式ドキュメントはこちらです。

ドキュメント通りにコマンドを実行していきたいと思います。

lsコマンドで確認します。

問題なさそうです!

実際の.goファイルの作成などしてみましょう。

試しに、5秒に1回 success!! と表示させてみます。

実行

実行してみましょう!

うまくいきました!

おわりに

今回は、ここまで!

流行っていたのは知っていたのですが、なかなか手を出せずにいたGo言語(Golang)。

思ったよりも環境の準備は簡単でした!

笹川の個人開発のAPIがSpringBootを利用しているので、今後は、そちらを移行したり、モバイルアプリのライブラリを作ったりしようかと思います!

ちなみに、今回、作成したgoファイルはこちらのリポジトリにて管理しています。

一緒に働いてくれる仲間を募集しております!

ライトコードでは、仲間を募集しております!

当社のモットーは「好きなことを仕事にするエンジニア集団」「エンジニアによるエンジニアのための会社」。エンジニアであるあなたの「やってみたいこと」を全力で応援する会社です。

また、ライトコードは現在、急成長中!だからこそ、あなたにお任せしたいやりがいのあるお仕事は沢山あります。「コアメンバー」として活躍してくれる、あなたからのご応募をお待ちしております!

なお、ご応募の前に、「話しだけ聞いてみたい」「社内の雰囲気を知りたい」という方はこちらをご覧ください。

ライトコードでは一緒に働いていただける方を募集しております!

採用情報はこちら

書いた人はこんな人

笹川 (社員)
笹川 (社員)
新潟生まれ新潟育ち本業はモバイルアプリエンジニア。
日々、猫(犬)エンジニアとして活躍中!

関連記事