1. HOME
  2. ブログ
  3. IT技術
  4. 【第11回】Go言語(Golang)入門~FCM送信編~

【第11回】Go言語(Golang)入門~FCM送信編~

Go言語(Golang)入門~第11回目~

秋山笹川先生

(株)ライトコードの笹川(ささがわ)です!

今回は、Firebase Cloud Messaging(FCM)をGoで送信して、Androidで受け取ってみようと思います。

それでは、いってみましょう!

前回の記事はこちら

Firebaseの認証をしよう

FCMは、Firebaseのサービスのひとつなので、Firebaseへの認証が必要となります。

そのため、まずは、認証を終わらせましょう!

Firestore の時との違いは、 app から取得する client が Messaging になっている所になります。

同じ Firebase で提供されているサービスなので、ほぼ実装が変わらず、使い回せるのは楽ですね。

ちなみに、導入の部分は第2回で詳しく紹介していますので、そちらもご参考ください。

メッセージを作ってみよう

今回は、iOS と Andorid の両方に届き、Android のアプリが kill状態でも届くように作ってみます。

Goで送信する場合は、すでにメッセージ送信用の構造体が用意されているので、そちらに当て込んでいきます。

今回は、複数端末で受信するために、トピック宛に送信するように作成しました。

送信する際の詳しいオプションなどは、以下のドキュメントに詳しく載っています。

【参考ドキュメント】
https://firebase.google.com/docs/cloud-messaging/concept-options?hl=ja

本記事でご紹介している内容以外の方法は、参考になるかと思います。

送信してみよう

Android 側での受信設定の説明は、以下の公式ドキュメントをご参考ください。

【公式ドキュメント】
https://firebase.google.com/docs/cloud-messaging/android/client?hl=ja

適当な「タイトル」と「トピック」を設定して実行してみます。

確認

タイトルテスト送信
本文これはテスト送信です。

実行すると、上記の通知が、Andoridアプリを起動していなくても届くはずです。

無事、届いてますね!

さいごに

Go言語(Golang)から FCM を送信の採用することは多くないと思いますが、簡単なチャットアプリのAPIなどでは利用できそうですね!

ちなみに、笹川の個人開発では『サポ魂』というアプリで、ツイッター検索したデータをユーザーに FCM で届けています。

それにしても、Firebaseのサービスは便利です。

個人的には、今後も色々使ってみたいサービスですので、皆様も是非使ってください。

なお、今回作成したgoファイルは、こちらのリポジトリにて管理しています。

【リポジトリ】
https://github.com/noriyuki-sasagawa/go_example/

関連記事

ライトコードよりお知らせ

にゃんこ師匠にゃんこ師匠
システム開発のご相談やご依頼はこちら
ミツオカミツオカ
ライトコードの採用募集はこちら
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
社長と一杯飲みながらお話してみたい方はこちら
ミツオカミツオカ
フリーランスエンジニア様の募集はこちら
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
その他、お問い合わせはこちら
ミツオカミツオカ
   
お気軽にお問い合わせください!せっかくなので、別の記事もぜひ読んでいって下さいね!

一緒に働いてくれる仲間を募集しております!

ライトコードでは、仲間を募集しております!

当社のモットーは「好きなことを仕事にするエンジニア集団」「エンジニアによるエンジニアのための会社」。エンジニアであるあなたの「やってみたいこと」を全力で応援する会社です。

また、ライトコードは現在、急成長中!だからこそ、あなたにお任せしたいやりがいのあるお仕事は沢山あります。「コアメンバー」として活躍してくれる、あなたからのご応募をお待ちしております!

なお、ご応募の前に、「話しだけ聞いてみたい」「社内の雰囲気を知りたい」という方はこちらをご覧ください。

ライトコードでは一緒に働いていただける方を募集しております!

採用情報はこちら

書いた人はこんな人

笹川 (社員)
笹川 (社員)
新潟生まれ新潟育ち本業はモバイルアプリエンジニア。
日々、猫(犬)エンジニアとして活躍中!

関連記事