1. HOME
  2. ブログ
  3. IT技術
  4. 【第一回】Android開発をJavaからKotlinへ変えていくためのお勉強
Kotlinのお勉強

【第一回】Android開発をJavaからKotlinへ変えていくためのお勉強

<JavaとKotlin>

(株)ライトコードの秋山です!

最近、Androidアプリ開発していくにあたって、いろんなところで聞くようになってきた『Kotlin(ことりん)』

Javaの上位互換的な感じで現場でも少しずつ開発コードに取り込まれてきました。

また、自社でも手をつけて実践してる人が増えてきたりと、ここ数年で開発周りもだんだんと変わってきてる感じがしてきました。

さすがにちゃんと覚えていかないとマズいと危機感が出てきたので、これから初歩の初歩からちゃんと勉強していこうかと思います。

秋山 秋山さん
自分としても、Androidアプリ開発をしていく上でちゃんと覚えていかないとなぁと思いつつ、なかなかやれずにきてしまった今日この頃…。

そもそもKotlinとは

Kotlinとは、JetBrains社で開発され2011年7月に公開された、オブジェクト指向のプログラミング言語です。

2017年にはAndroidアプリの正式な開発言語として採用され、人気が高まってます。

Javaとも互換性が高く、JavaコードとKotlinコードが共存もできるので、移行もしやすいものとなっております。

あとはシンプルに書きやすいとか、NullSafety(NullPointerExceptionを抑制)とか言われています。

秋山 秋山さん
Kotlin = Javaとも互換性が高く、書きやすい!

Kotlinの勉強をするにあたって

では、どうやってKotlinの勉強をしていくのか?

今考えているやり方としては以下の通りです。

  1. 入門書レベル的な書籍などを読み、ゼロから始めるつもりでプログラムを書いていく。
  2. Kotlinで書いたプログラムをJavaでも書いてみて比較をしてみる。
  3. どちらもAndroidパッケージとして実行するまで試していく。

こんな感じで考えています。

秋山 秋山さん
やはり、実行できるアプリまで作成してみないと分からないことってあると思いますので!

目標はアプリ作成

とはいえ、いきなり「アプリ作ります」と言っても厳しいです(笑)

そのため、最初の方はまず簡単な処理から試していき、ある程度整理出来てからアプリケーション作成に挑みたいと思います。

その他にも、Kotlinのことだけでなく、アプリケーションを作るまでに必要な手順や作業なんかも説明できるようにしていきたいと思います。

そうやって、細かい違いまでも拾い上げられるように意識する感じでいけたら良いかなと。

秋山 秋山さん
ということで、次回からのブログから実際に技術的なことを交えて記事を書いていこうと思います。ご期待ください!

一緒に働いてくれる仲間を募集中!

ライトコードでは、仲間を募集しております!

ライトコードのモットーは「好きなことを仕事にするエンジニア集団」。そのため、あなたがやりたい仕事を全力で応援します。

どうせなら、好きなことを仕事にする方が人生は何倍も素晴らしいものになるはず!また、ライトコードはこれからの会社ですので、みんなで新しい事業や組織を作っていく楽しみもあります。

あなたからのご応募をお待ちしております!

ライトコードでは一緒に働いていただける方を募集しております!
お気軽にご応募ください。

採用情報はこちら

書いた人はこんな人

秋山 智貴(社員)
元ファストフード店長代理のJava系ITエンジニア。
Webサイト系の開発や運用をいくらか経験し、
現在はAndroidアプリ開発を主に担当したり。
休みの日はゲームとか風景写真撮りに行ったりとかマラソンしたりとか。

関連記事