fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. IT技術
  4. 【Python】[第0回] Responderを使ってDjangoチュートリアルをやってみた【初期セットアップ編】

【Python】[第0回] Responderを使ってDjangoチュートリアルをやってみた【初期セットアップ編】

Responder(レスポンダー)とは?

PythonでWebアプリケーションを作成するときは、Django(ジャンゴ)というフレームワークが有名です。

しかし、今回は、Responder(レスポンダー)というWebアプリケーション用フレームワークをご紹介しようと思います。

Responderは、いま注目の勢いのあるフレームワークです。

Responderの特徴

特徴として、以下の点などがよく挙げられます。

  1. 非同期処理が簡単に記述できる
  2. GraphQL APIが簡単に書ける

Djangoは、日本語のチュートリアルも充実しており、多くのプログラマーたちが情報をネットに上げているのですが、「Responderの情報はなかなかネット上にない」というのが現状です。

【第0回】Responderを使ってDjangoチュートリアルをやってみた!

そこで!

本記事から連載が始まる「Responderを使ってDjangoチュートリアルをやってみた」では、その名の通り、「充実しているDjangoのチュートリアルをResponderでやってみる」という記事になっています。

Responderを触ろうとして諦めた方、Responderを初めて知った方などなど、一緒にResponderを学んでいければと思っています。

【Djangoのチュートリアル】
https://docs.djangoproject.com/ja/2.2/intro/tutorial01/

第0回目スタート!

さて、第0回目の今回は、割とつまずきやすい「環境構築」と「動作確認」から進めていくとこにしましょう!

初期セットアップ

まずResponderでは、Pythonのバージョンが3.6以上である必要があります。

もし、バージョンが3.6未満であれば、Pythonのバージョンアップから始めてください。

なお、本記事の筆者は、「MacOS 10.14.5」と「 Python 3.7.3」で実装および動作確認をしています。

OSやPythonのバージョンによって動作が多少異なる場合があるかもしれませんので、その点はご了承ください。

Responderのインストール

Pythonのバージョンをクリアした方は、早速、Responderのインストールを行なっていきましょう!

pipでパッケージ管理をしている人は、

でインストールが可能です。

この際、パーミッションのエラー等でインストールできなかった方は、コマンドの後ろに --user をつけて再度実行してみてください。

これで、Responderのインストールは完了です!

実際に動かしてみる: View

まずは、本記事用に適当な場所に「responder」という名のディレクトリを作っておきましょう。

そのディレクトリの中に、 test.py を作成します。

そうしたら、以下のコードを書いて実行してみましょう。

そうすると以下のように表示されます。

早速、http://127.0.0.1:5042にアクセスしてみると「hello, world」と表示されるかと思います。

これだけでローカルサーバが立ち上がりました!

とても簡単ですね!

これが最も単純なResponderのView操作です。

簡単なコード解説

Responderでは、Webサーバの構築は最初の2行サーバの立ち上げはmain関数内のたった1行の命令で行えます。

それが以下のコードです。

そして、実際に立ち上がったサーバのルートにアクセスすると、 @api.route('/') で定義された関数に飛ばされます。

今回は、 'hello, world' というテキストをレスポンスするという関数だったので、先ほどのような結果になりました。

したがって、もし以下のような関数を追加すれば、

http://127.0.0.1:5042/responder 「hello, responder!」と表示されるはずです。

ここまでで、なんとなくResponderの基本構造は掴めてきたのではないでしょうか?

ResponderのViewテンプレート

あとは、Responderの基本的な機能を紹介して、第0回は終わりにしたいと思います。

まずは、先ほどのコードを以下のように修正します。

その次に、 templetes というサブディレクトリに index.html を作成し、以下のコードを書いて保存してみてください。

これでもう一度、 test.py を実行してみます。

すると、http://127.0.0.1:5042/hogehoge http://127.0.0.1:5042/resp など、与えられたURLによって表示が動的に変化する様子が確認できるかと思います。

さいごに

今回は、Responderの「初期セットアップ」「基本機能」を簡単に説明しました。

他にも機能は様々あるようですが、その他のResponder機能は、Djangoチュートリアルを通して解説していきます。

次回からは、本格的に「DjangoチュートリアルをResponderで行なっていきます」ので、お楽しみに!

【第1回】へ続く

関連記事

 

一緒に働いてくれる仲間を募集しております!

ライトコードでは、仲間を募集しております!

当社のモットーは「好きなことを仕事にするエンジニア集団」「エンジニアによるエンジニアのための会社」。エンジニアであるあなたの「やってみたいこと」を全力で応援する会社です。

また、ライトコードは現在、急成長中!だからこそ、あなたにお任せしたいやりがいのあるお仕事は沢山あります。「コアメンバー」として活躍してくれる、あなたからのご応募をお待ちしております!

なお、ご応募の前に、「話しだけ聞いてみたい」「社内の雰囲気を知りたい」という方はこちらをご覧ください。

ライトコードでは一緒に働いていただける方を募集しております!

採用情報はこちら

関連記事