fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. ITエンタメ
  4. 【IT偉人列伝】Googleの生みの親、ラリー・ペイジとは?

【IT偉人列伝】Googleの生みの親、ラリー・ペイジとは?

Googleの創業者は誰?

世界を席巻する4大企業GAFA。

Appleの創業者、スティーブ・ジョブズ。

Facebookの創業者、マーク・ザッカーバーグ。

Amazonの創業者、ジェフ・ベゾス。

では、Googleの創業者は?

ラリー・ペイジ

引用:Wikipedia

・・・この人です。

顔も名前も、パッと思いつかなかった人は多いのではないでしょうか?

そんな、Googleの創業者は「ラリー・ペイジ」という人物です。

現在、ラリー・ペイジは公の場から姿を消し、カリブ海の島で多くの時間を過ごしているという報道もあります。

今回は、そんな謎多きGoogleの共同創業者の1人である「ラリー・ペイジ」の生い立ちについてご紹介していきたいと思います!

幼少期〜大学時代

コンピューターの才能を受け継ぐ

本名は、ローレンス・エドワード・“ラリー”・ペイジ

ラリー・ペイジは、1973年3月26日アメリカ・ミシガン州で生まれました。

ラリー・ペイジの父親は、ミシガン大学で人工知能の教授で、母はデータベースのコンサルティングとプログラミングの教師をしていました。

そのため、自宅にはコンピューターとテック系の雑誌で溢れていたといいます。

そんな環境で育ったラリー・ペイジは、まさにITの申し子でした。

初めてパソコンを触ったのは、なんと5歳。

そして、6歳の時にはお気に入りの絵本をプログラミングして遊んでいたというから驚きです。

小学校に上がった時には、夏休みの宿題をパソコンで処理し、当時はハイテクだったプリンターでプリントして提出するなど、教員達を驚かせていました。

「商売」の大事さを知る

ニコラ・テスラ

引用:Wikipedia

ある時、ラリー・ペイジはとある事で涙しました。

ニコラ・テスラの本を読んで感銘を受けたのです。

ニコラ・テスラは、エジソンが活躍していた時代に、エジソン以上の天才と囁かれた発明家でした。

しかし、ニコラ・テスラには、商売の才能がなく、晩年借金による悔しさを抱えながら孤独に息を引き取った人物です。

この本を読んでラリー・ペイジは、素晴らしいアイデアを持っていても商売の知識がないと意味がないということに気がつきます。

その時、ラリー・ペイジは、わずか12歳でした。

Googleの創立

セルゲイ・ブリン

引用:Wikipedia

その後もラリー・ペイジは順調に才能を伸ばし、ミシガン大学へと進学し、博士号取得のためにスタンフォード大学に入学しました。

そして、同じスタンフォード大学計算機科学に在籍していたセルゲイ・ブリンと運命的な出会いを果たします。

当時、ラリー・ペイジは大学で「ウェブのリンク構造」「人間とコンピュータの相互作用」「検索エンジン」「情報アクセスインタフェースの拡張性」「個人的なデータのデータマイニング手法」などを研究していました。

2人は、その知識を生かし、ラリー・ペイジ25才の時(1998年)に、セルゲイ・ブリンと共にGoogleを創立しました。

ちなみに社名であるGoogleは、10の100乗の単位である「Googol」という単語だったのですが、スペルミスで「Google」になったというのは有名な話です。

Googleという社名には、「世界の情報を体系化し、誰でもアクセスして使えるようにする」という2人の使命感のようなものを感じさせます

たった2年で検索エンジンの覇者となる

当時、ネット上には、様々な企業の検索エンジンが切磋琢磨している時代でした。

その時代の検索エンジンは、今ではほとんど残っていません。

それはなぜでしょうか?

Googleが認知度を広めるための戦略がアフィリエイト」でした。

アフィリエイトとは、サイトに広告を貼ってもらい、そこにアクセスがあると広告主にお金が振り込まれるという仕組みです。

この仕組みがハマり、わずか創立2年で世界一の検索エンジンとなったのです。

それが、2000年の出来事でした。

まさかのCEO解任!?

エリック・シュミット

引用:Wikipedia

Googleは順調に大きくなっていましたが、翌年、多額の出資金を得る過程で問題が発生します。

出資をする多数の企業から「CEOが若すぎるのではないか?」という疑念が生まれたからです。

当時、28歳のラリー・ペイジは、IT成功者の中で最年少でした。

そのため、出資するにあたり条件が2つ出されてしまいます。

  1. ラリー・ペイジがCEOから降りること
  2. ラリー・ペイジの代役として経験豊富なエリック・シュミットをCEOにすること

この条件は結局、出資は受けられるもののラリー・ペイジはCEOから降りなければなりませんでした。

このことにより、経営はエリック・シュミットに任せ、CEOを降りたラリー・ペイジは新しいアイデアを考える事に集中できる環境になりました。

幸か不幸か、このことでGoogleは飛躍的な成長を遂げることになります。

画期的なサービスを発明

初めに「Gmail(ジーメール)」の導入をします。

当時のメールは容量がものすごく限られており、決して使いやすいものではありませんでした。

そこでGoogleは、メール容量の約500倍の容量をユーザーに提供し、名だたるライバル企業を全て追い抜いてしまいます。

次に、画像を読み込ませると、似た画像を探してくれる画像検索機能

そして「もしかして〜〜では?」と候補を提案してくれるサジェスト機能

それまで世界になかったものをどんどん排出していきました。

そして、空から地球を見渡すアプリの開発をしている「キーホール」という会社を買収します。

それが、後々「Google Earth(グーグルアース)」となります。

さらには、Googleをもっと使ってもらうためにはどうすればいいのか考えた結果、「ポケットに入れて持ち歩けばいい」という発想から「Android(アンドロイド)」を買収します。

そして、今では大人気となった「Youtube(ユーチューブ)」も買収します。

ちなみに、Youtuber(ユーチューバー)が報酬を得ることのできる仕組みは、先ほどお話ししたGoogleが開発したアフィリエイトが基になっているのです。

IT業界の帝王の再降臨!!

そして、CEO解任から約10年後。

ラリー・ペイジが38歳になった時、GoogleCEO復帰を果たします。

これは経営不振だからなどという理由ではなく、IT界を背負っていける歳に達したという出資者の共通認識があったためです。

そして、現在、ラリー・ペイジは46歳(2019年現在)。

今はGoogleを子会社に持つ、Alphabetという会社のCEOをしています。

彼には、まだ叶えたい夢があるのだそうです。

彼の見据える先に人類の進歩があるのではないか?

そう思わせてくれる偉大な人物です。

一緒に働いてくれる仲間を募集しております!

ライトコードでは、仲間を募集しております!

当社のモットーは「好きなことを仕事にするエンジニア集団」「エンジニアによるエンジニアのための会社」。エンジニアであるあなたの「やってみたいこと」を全力で応援する会社です。

また、ライトコードは現在、急成長中!だからこそ、あなたにお任せしたいやりがいのあるお仕事は沢山あります。「コアメンバー」として活躍してくれる、あなたからのご応募をお待ちしております!

なお、ご応募の前に、「話しだけ聞いてみたい」「社内の雰囲気を知りたい」という方はこちらをご覧ください。

ライトコードでは一緒に働いていただける方を募集しております!

採用情報はこちら

関連記事