1. HOME
  2. ブログ
  3. ライトコードの日常
  4. YOUは何しにライトコードへ?〜高さん編〜

YOUは何しにライトコードへ?〜高さん編〜

2021.11.08

プロジェクト内で安心感を与えられる存在になりたい!

今回は、(株)ライトコードに入社した高さんにフューチャー!

技術力に定評のあるバリバリのモバイルエンジニアです!

なぜ高さんは、ライトコードを選んだのか?

今日は、高さんに突撃インタビューを行いたいと思います!

簡単な自己紹介をお願いします

2020年に入社した高(こう)です。

モバイルアプリエンジニアとして入社しましたが、WEBのバックエンドも担当したりしてます!

では、簡単な経歴もお願いします!

自社サービスのSNSアプリや通販アプリの開発など、もっぱらモバイルアプリエンジニアとして働いてきました。

ありがとうございます!(詳しくは後ほど…)
高さんの福岡の思い出の地は西新の「辛麺屋司」とのことなので、こちらで取材していきたいと思います!

辛麺屋司はココですね!

あー、懐かしい!

そして、久しぶり!

ちなみに、なぜ「辛麺屋司」が思い出の地ですか?


(今から食べられるという満面の笑み)

大学院時代に西南学院大学でTA(=ティーチングアシスタント)のアルバイトをしていたのですが、一緒に働いてた友達に誘われて、見事にドハマりして、そこからもう十年近く通ってるお店だからですね。

麺物は大好きなのですが、特定のお店にハマったりすることはなかったので、自分の人生の中で大きな存在になってるお店です。

どんな味ですか?

鶏ガラベースのスープに、たっぷりの唐辛子とニンニク、ふわふわの溶き卵にニラがどっさり乗っていて…

それをコシのある縮れ麺でたっぷり絡めてすする...

いくら食べても飽きが来ないうまさ!!

おすすめした人は、ほぼもれなくハマってますね(笑)

コロナ禍ということもあり、最近はめっぽう行けてませんが...

んっ…?

あ、今日休業日ですね…

え~…。

今日、休業日じゃなかったはずだけどなあ…

ちゃんとネットで調べたのに!

…今日はご飯抜きになりますmm

ガッデム!!!

人生のマニュアルは「クレヨンしんちゃん」


(くそ、結局、一蘭か・・・)

では、経歴についてもっと深く伺いたいです!

最初の職場では、特定のターゲットに向けたSNSアプリを作っていました。

モバイル開発もチーム開発も初めてで右も左も分からない状態でしたが、ここでエンジニアとしての考え方やチーム開発力など、現在にも活きる礎が鍛えられたかなと思います。

従業員十数人のバリバリのスタートアップだったので、全社員で一からプロダクトを作り上げていく楽しさはとてもありました。

その後、同じく自社サービスを展開する会社に転職しました。

ベンチャーでしたが、従業員は300人超えで前の職場とは規模感や動くお金が全然違い、新しい感覚のオンパレードでしたね。

大きなプロジェクトをスピード感をもって開発していく経験、そして、その中で自分が力になるにはどのように動けば良いのか考えられたことは大きな糧になりました。

ですが、会社が大きい分、不自由だったり風通しの悪い部分も多く、そこが最終的に僕の肌に合わず退職することになりました。

ちなみに、ライトコードでは受託開発が主ですが、その部分はどうでしょうか?

自社開発だとサービスが多くないため、一つの技術を狭く深く担当することが多かったです。

しかし、受託開発では様々なお客様の案件を受け持つので、今まで実務で触れられなかった新しく技術を広く経験することができるのがとてもいいですね。

会社を跨いで連携を取るので、そこが少し難しいところではありますが、

社内の風通しは明るいのでそちらの心地よさの方が大きく、パフォーマンスにつながっていると思いますし大事だと思います。


(ごちそうさまでした)

ちなみに、趣味や特技などはありますか?

趣味は、まず何と言っても「クレヨンしんちゃん」ですね!

趣味というよりも「人生のマニュアル」です。

アニメ放送開始(1992年)から、ほぼ全話録画してて、実家にそのVHSが大量にあります(笑)

ほうほう(笑)
ちなみに、なぜクレヨンしんちゃんが人生のマニュアルになったのですか?

深い家族愛や友情、そして、「平凡な幸せこそ人生で一番かけがえないもの」だということを押し付けがましくなく教えてくれるからですね。

それは「オトナ帝国」や「戦国大合戦」などが、きっかけで国民的アニメとして浸透してきた今だからではなく、際どいブラックジョークやギャグで親御さんの目の敵だった時代から、ずっと一貫して描かれてます。

そして、大人になってから見ると、また新たな気付きがあるんですよね。

「父ちゃん、母ちゃん、仲直りしたい時はごめんなさいって言うんだゾ。幼稚園じゃみんなそうするゾ」

っていう一番大好きなしんちゃんのセリフがあるんですが、これを大人になって改めて聞いた時にハッとさせられました。

大人になるにつれて意地や見栄やプライドが邪魔をして、自分が悪いと分かってても素直に謝れなくなる。

こんな簡単なこと子供でさえできるのになぜ大人ができないんだ?」っていう臼井先生の強いメッセージだと思うんですよね。

歳を食って失ってしまった純粋さや人と向き合う気持ちを、ふと振り返らせて自分を戒めてくれる。

こういったところが、僕の「人生のマニュアル」たる所以ですね。

幼少期の僕に見ることを許してくれた両親にほんと感謝です(笑)

あとは、特技などはいかがでしょうか?

あとは、音楽ですね。

年代問わず何でも食わず嫌いせず聴くんですが、ややヘヴィロックに傾倒してます。

小学生の頃、クレヨンしんちゃんから流れるように放送されたMステで、DIR EN GREYというバンドに大衝撃を受けて、それ以来20年以上追っかけてます。

その影響でバンド組んでギャーギャー叫んで頭振ったりしてました(笑)

気になる(笑)
できたらでいいですが、バンドの話をもっとツッコんで教えてください!

高校〜大学時代に友達同士で組んでましたね。

皆が「歌えない」ってことで、消去法でボーカルになりましたが、それがきっかけで歌うことが好きになって、独学で色々勉強しました。

悪魔のようなデスボイスが聴きたい方、出したい方はご一報ください(笑)

あとの話は、恥ずかしいので墓場に持っていきます(笑)

もっと欲しいです!(笑)

他には、ゲームも大好きですね。

モンハンとかスマブラとか格ゲーなどを主にやってますけど、基本ゲームならジャンル問わず好きです。

ほとんどインドアな趣味が多いですが、最近はキャンプにもハマったりしてますよ。

スキルの横軸がしっかり広がっていることを実感

さて本題です!
なぜ、ライトコードに入社しようと思いましたか?

これまで自社サービスのみだったので、受託開発にとても興味ありました。

あと、様々な案件を通じて、「モバイルアプリ以外のスキルの横軸も広げていきたかった」というのが第一ですね。

社長が現役のエンジニアなので、エンジニアファーストでとても風通しが良く、ここなら伸び伸びとベストパフォーマンスで働けそうだなと思ったのも大きな理由です。

実際に入社してみて、その点はどうでしたか?

モバイル開発のみの経験しかなかった僕なんですが、、、

様々なお仕事を通じてバックエンド開発やWebアプリ開発など、新しい分野の経験をさせていただいてて、スキルの横軸がしっかり広がっていることを実感していますね。

個人の描くキャリアパスもしっかり尊重してくれるので、地に足がつかなくて器用貧乏になることもありません。

働きやすさについては、イメージの更に上を行ってました!

肩書きの垣根が全くなくて、屈託のない意見を言い合えて議論がしやすいし、雑談ではアホなこと言い合えるし(笑)

生活時間の大半を仕事に費やすわけなので、この心地よい職場環境はありがたいですね。

ライトコードの好きな所はどこですか?

風通しの良いところ。

みんなの雰囲気が明るいところ。

意見が言いやすいところ。

堅苦しくないところ。

フルフレックスなところ。

フルリモートOKなところ。

飲み会たくさんしてくれるのにお金を払った記憶がないところ。

個人のキャリアパスを大事にしてくれるところ。

その中で、一番好きなところはズバリ?

順位つけるのは難しいですけど...

一番は「個人のキャリアパスを大事にしてくれるところ」ですね。

僕のエンジニアとしての生き方そのものを尊重していただいているわけなので。

逆に、ライトコードの嫌いな所はありますか?

嫌いなところを挙げさせてくれないところ(笑)

仕事で大事にしている事は何ですか?

他人(未来の自分も含む)が見てわかりやすいコードを書くこと。

チームのみんながのびのび働けるようにすること。

スピード感を持って開発すること。

失敗やバグを許容すること。

できないことにはしっかりNOと言うこと。

今、お仕事で苦戦している事はありますか?

ありがたい悲鳴なんですけど、いろんな新しい分野の業務を担当させていただけるので、学ぶ量がとても多いことですね。

ズバリ!
これからライトコードでどんな存在になりたいですか?

チームにいたら安心感を与えられる存在になりたいですね。

いろんな大先輩から、安心感をもらって仕事してきたので、次は僕はそんな存在になっていければと思っています。

今後ライトコードでやっていきたい事は何ですか?

モバイルアプリ、バックエンドとやってきたので、次はフロントエンドインフラですね。

めざせ、フロントエンドもバックエンドもインフラもちょっと触れるモバイルアプリエンジニア!

ぜひ、神エンジニアになっていただきたいです!
では、ライトコードに入る前の自分に一言(笑)

「フルリモートOKでフルフレックスで風通し良くてきちんと評価してくれてめっちゃ働きやすいからとにかく話聞きにおいで!!!」

では
ライトコードに入社を検討してくれてる方にも何かメッセージをどうぞ!!

「自分のスキルをさらに伸ばしたい」「新しい分野に挑戦したい」と考えている方にとって、とてもピッタリな会社だと思います。

個人のやりたいことを第一に案件の担当を割り振ってくれたり、個人の希望をとても大事に掬ってくれますね。

頑張りはしっかり形で評価されて返ってくるので、自信もついてモチベーションも上がりやすいです。

あとは、何より職場の雰囲気が明るい!

みんな同じ目線で意見が言えたり、和気藹々と雑談したり、社長にもツッコミを入れたりできます(笑)

一人一人のエンジニアライフをしっかり考えてくれますし、きっとあなたの人生に彩りを増やしてくれると思います。

最後にデスボイスもどうぞ!(笑)

ア”ア”ア”ア”ーーー------!!

↓イメージです

 

総務「すみません~、上の部屋から奇声が聞こえると…」

あ…、ごめんなさい(笑)

・・・・。

ア”ア”ア”ア”ーーー------!!

生で聞きたい人は、ライトコードへ遊びに来てね!(笑)

関連記事

採用情報

\ あの有名サービスに参画!? /

バックエンドエンジニア

\ クリエイティブの最前線 /

フロントエンドエンジニア

\ 世界を変える…! /

Androidエンジニア

\ みんなが使うアプリを創る /

iOSエンジニア