• トップ
  • ブログ一覧
  • FirebaseでAndroidにプッシュ通知してみた!
  • FirebaseでAndroidにプッシュ通知してみた!

    たかやん(エンジニア)たかやん(エンジニア)
    2020.12.14

    IT技術

    Firebaseでpush 通知を試します!

    鈴木先生

    (株)ライトコードの鈴木です!

    「Firebase」とは、Google が提供している、モバイルアプリや Web アプリケーションの開発に利用できるプラットフォームです。

    Firebase を利用することでサーバーの管理や保守が不要となり、開発に専念できるため負担が大きく軽減できます。

    今回は、数あるサービスのうち「Cloud Messaging」を利用してpush 通知を試してみます!

    Firebase のプロジェクトを作成する

    Firebase のページから「プロジェクトを追加」をクリックし、プロジェクト名を入力してください。

    プロジェクト名は、4文字以上であれば何でも問題ありません。

    プロジェクト名をつける

    アプリを Firebase のプロジェクトに登録する

    Firebase にプロジェクトを作成すると、プロジェクトに Android アプリを登録できるようになります。

    Android のパッケージ名を入力

    Firebase コンソールの Overview ページにある「Android」のアイコンをクリックし、「Android のパッケージ名」を入力します。

    パッケージ名は、アプリレベルの Gradle ファイル(app/build.gradle)に記載されています。

    Android のパッケージ名を入力

    手順にしたがって進めていき、ダウンロードした google-service.json を android/app に置いたら、「次へ」をクリックしましょう。

    Firebase SDK の追加

    次に行う Firebase SDK の追加作業では、2つのファイルを変更する必要があります。

    プロジェクトレベルの build.gradle を変更

    最初は、プロジェクトレベルの build.gradle(android/build.gradle) に下記コードを追加します。

    1buildscript {
    2  repositories {
    3    google()
    4  }
    5  dependencies {
    6    // このコードを追加
    7    classpath 'com.google.gms:google-services:4.3.4'
    8  }
    9}

    アプリレベルの build.gradle を変更

    2つ目は、アプリレベルの build.gradle(android/app/build.gradle) に下記のコードを追加します。

    1dependencies {
    2    // 下記の2行を追加
    3    implementation 'com.google.firebase:firebase-messaging:20.3.0'
    4    implementation 'com.google.firebase:firebase-core:17.5.0'
    5}

    コードの追記が終わったら、Firebase のページに戻って「次へ」をクリックしましょう。

    アプリを実行して、インストール

    「アプリを実行してインストールを確認」と表示されますので、指示に従ってアプリをインストールしてください。

    「Firebase がアプリに正常に追加されました。」と表示されたら OK です!

    アプリを実行して、インストール

    通知を受け取れるように実装する

    クラス名は何でも構いませんが、ここでは「MyFirebaseMessagingService」とします。

    クラスを作成したら、「FirebaseMessagingService」クラスを継承してください。

    1class MyFirebaseMessagingService : FirebaseMessagingService() {
    2    override fun onMessageReceived(remoteMessage: RemoteMessage) {
    3        super.onMessageReceived(remoteMessage)
    4        showNotification(
    5            remoteMessage.notification?.title,
    6            remoteMessage.notification?.body
    7        )
    8    }
    9
    10    fun showNotification(title: String?, message: String?) {
    11        val builder = NotificationCompat.Builder(this, "MyNotification").apply {
    12            setContentTitle(title)
    13            setAutoCancel(true)
    14            setContentText(message)
    15        }
    16        NotificationManagerCompat.from(this).notify(999, builder.build())
    17    }
    18}

    MyFirebaseMessagingService をサービス登録

    そして、AndroidManifest.xml に、先ほど作成した「MyFirebaseMessagingService」をサービスとして登録します。

    1        <service android:name=".MyFirebaseMessagingService">
    2            <intent-filter>
    3                <action android:name="com.google.firebase.INSTANCE_ID_EVENT" />
    4            </intent-filter>
    5        </service>

    これで準備完了です!

    Push 通知をする

    次は、Firebase コンソールで Push 通知のメッセージを作成しましょう。

    「Cloud Messaging」→「Send your first message」を選択し、通知のタイトルと通知テキストを入力したら「次へ」をクリックします。

    ターゲットとするユーザーで、自分の作成したアプリを選択し、時刻などの設定に進んでください。

    Push 通知をする

    潜在的ユーザーが0%になっていると送信できないので、注意してください。

    最後に「確認」を押し、設定した時刻になると、下記のようにアプリの方に通知が来るはずです。

    push通知画面

    以上で、push 通知は完了です!

    以上、「Firebase を使用した Android の Push 通知」について解説してみました。

    今回は、アプリをインストールしているすべてのユーザーに Push 通知をしています。

    全ユーザーではなく「個別のユーザーに Push 通知をする」なども簡単に設定できるので、ぜひ試してみてくださいね!

    こちらの記事もオススメ!

    featureImg2020.07.17ライトコード的「やってみた!」シリーズ「やってみた!」を集めました!(株)ライトコードが今まで作ってきた「やってみた!」記事を集めてみました!※作成日が新し...
    featureImg2020.08.04エンジニアの働き方 特集社員としての働き方社員としてのエンジニアの働き方とは?ライトコードのエンジニアはどんな働き方をしてるのか、まとめたいと...

    ライトコードでは、エンジニアを積極採用中!

    ライトコードでは、エンジニアを積極採用しています!社長と一杯しながらお話しする機会もご用意しております。そのほかカジュアル面談等もございますので、くわしくは採用情報をご確認ください。

    採用情報へ

    たかやん(エンジニア)

    たかやん(エンジニア)

    おすすめ記事

    エンジニア大募集中!

    ライトコードでは、エンジニアを積極採用中です。

    特に、WEBエンジニアとモバイルエンジニアは是非ご応募お待ちしております!

    また、フリーランスエンジニア様も大募集中です。

    background