• トップ
  • ブログ一覧
  • MacでDockerでUbuntu環境を構築する
  • MacでDockerでUbuntu環境を構築する

    広告メディア事業部広告メディア事業部
    2019.06.14

    IT技術

    Docker(ドッカー)とは

    多くのエンジニアは、環境構築に時間を費やしています。

    そのような状況の中で、Dockerが近年存在感を増しています。

    Dockerは、コンテナ型のアプリケーションの一種であり、プログラムを実行する全ての情報を含めることができます。

    また、ユーザーは、ハードドライブに全てのデータを広げることをせず、最小限のメモリを使うことでコンピュータ全体の速度が落ちるのを避けることが可能になります。

    Dockerの仕組み

    Dockerは、Dockerがインストールされているコンピュータの全てでプログラムが問題なく実行されることを保障します。

    実際、エンジニアが使うコンピュータは、WindowsやMac、Linuxなど様々な種類のOSが存在します。

    これまでは、PrallelsVMwreFusionなどでMac上に仮想Windowsを用意してプログラムを実行するなどの必要がありましたが、Dockerはそのような労力を減らします。

    Dockerにより、複数人による開発が容易になり、アプリケーションのオペレーションからQA(品質保証)まで通しで行うことができます。

    Dockerの構造

    Dockerの構造は、以下の図のようになります。

    Clientからコマンドを入力することによって、Docker daemonに指令が与えられ、イメージを介して各コンテナにアクセスすることができます。

    イメージで必要なものがあれば、Docker registriesから探してインストールします。

    Dockerのインストール方法

    Macでのインストール方法を紹介します。

    Dockerの公式ページ

    まずは、Dockerの公式ページより、デスクトップDockerをインストールします。

    少なくとも4GB以上のメモリが必要です。

    Dockerアカウントを作成

    インストールの際には、Dockerアカウントを作成する必要があります。(無料)

    まずは、Eメールとパスワードを登録します。

    インストール後に、Dockerを開くとDockerIDとパスワードを入力するように要求されます。

    メニュー上でどのくらいのCPUとメモリが使うことができるのか確認することができるようになります。

    Kitematic(カイトマティック)をインストール

    次に、Kitematicというアプリをインストールします。

    このアプリは、Dockerコンテナのインストール・管理・削除などをシンプルな画面で行うことができます。

    ターミナルの扱いに慣れていない人は、インストールしておくべきでしょう。

    Kitematicから新たなコンテナのインストールができます。

    アプリが動作すれば、ログファイルなども確認することも可能です。

    Dockerを触ってみよう

    インストールされたか確認

    Dockerが正常にインストールされたことを確認するために、以下のコマンドを実行してみてください。

    1docker version

    以下のような情報が表示されれば、インストールが完了しています。

    セットアップが終わったので、Dockerを実際に使ってみましょう。

    Dockerを使う

    それでは、busyboxコンテナを実行してみます。

    まず、docker pullというコマンドでbusyboxのイメージをpullします。

    1docker pull busybox

    そうすると、以下のような画面となります。

    しっかりとイメージを取り出したかどうか確認するために以下のコマンドを打ちます。

    1docker images

    REPOSITORYIDが確認できます。

    次に、このアプリbusyboxを実行してみます。

    1docker run busybox

    …何も起こりません(笑)

    何も起こっていないはずはなく、実際には、Docker内で必要なイメージを探しコマンドを実行しています。

    次に、以下を入力。

    1docker run busybox echo "Hello from busybox"

    実際にechoコマンドが実行された結果が表示されます。

    これまでの履歴はdocker ps -a で確認できます。

    使ったコンテナを削除するには、以下コマンド。

    1docker rm CONTAINER ID

    最後にインストールしたイメージを削除してみたいと思います。

    1docker images

    上記コマンドで REPOSITORY名 を確認して、

    1docker rmi REPOSITORY

    で削除完了です。

    Ubuntu環境の構築

    実際に、Ubuntu環境をDockerを使って構築してみましょう。

    イメージをpullする

    1docker pull hello-world

    自動的に必要なライブラリなどがインストールされます。

    イメージを実行する

    イメージを実行してみます。

    1docker run hello-world

    以下のようなメッセージが表示されます。

    どのようにDockerが動いているのか、の説明が英語でされています。

    コンテナを実行する

    では、コンテナを実行して、Ubuntu環境を使ってみましょう。

    1docker run -it ubuntu bash

    -it  はUbuntuのための擬似端末の用意をするオプションです。

    そうするとUbuntu環境がDockerから用意され、アクセスすることが可能になります。

    やめる場合はexit と打ちます。

    コンテナとイメージの削除は、前述の通り

    1docker rm ID
    2docker rmi name

    で完了します。

    さいごに

    Dockerを使うことで非常に簡単に環境構築できたことがわかります。

    実際のアプリケーション開発では、Dockerのコンテナを使うことで開発スピードを上げることができるでしょう。

    こちらの記事もオススメ!

    featureImg2020.07.17ライトコード的「やってみた!」シリーズ「やってみた!」を集めました!(株)ライトコードが今まで作ってきた「やってみた!」記事を集めてみました!※作成日が新し...

    featureImg2020.07.27IT・コンピューターの歴史特集IT・コンピューターの歴史をまとめていきたいと思います!弊社ブログにある記事のみで構成しているため、まだ「未完成状態」...

    featureImg2020.08.04エンジニアの働き方 特集社員としての働き方社員としてのエンジニアの働き方とは?ライトコードのエンジニアはどんな働き方をしてるのか、まとめたいと...

    広告メディア事業部

    広告メディア事業部

    おすすめ記事