• トップ
  • ブログ一覧
  • 天才!いや宇宙人?コンピュータの仕組みを考えたフォン・ノイマン
  • 天才!いや宇宙人?コンピュータの仕組みを考えたフォン・ノイマン

    広告メディア事業部広告メディア事業部
    2019.07.10

    ITエンタメ

    コンピュータって便利!

    ミツオカミツオカ
    今日も、プログラミングでタスクを自動化しちゃったわ~!私、天才♪
    にゃんこ師匠 にゃんこ師匠
    だな!仕事も趣味も何もかも、もうコンピュータなしでは生きれない時代だからな
    ミツオカミツオカ
    そういえば、コンピュータって誰が創ったんだろ?コンピュータが無ければ、世界はまだ闇の中…
    にゃんこ師匠 にゃんこ師匠
    いきなり世紀末感だすのやめい!では、今回は、ジョン・フォン・ノイマンを紹介していこうかの

    コンピュータを発明したのは誰?

    インターネットやスマートフォンが普及し、仕事でもプライベートでもコンピュータが身近になった現在。

    そもそも、コンピュータは誰が発明したのでしょうか?

    実際のところ、コンピュータの成り立ちに関わった人物は複数いて、発明者は1人に特定できません。

    そのうちの1人が、今回紹介するジョン・フォン・ノイマンです。

    こちらの記事もオススメ!

    featureImg2020.07.27IT・コンピューターの歴史特集IT・コンピューターの歴史をまとめていきたいと思います!弊社ブログにある記事のみで構成しているため、まだ「未完成状態」...

    featureImg2020.07.27IT偉人の誕生日特集現在のITがあるのは、「IT偉人」のおかげ!そこで今回は、IT偉人の誕生日をまとめていくことで、時代の流れを追えるよう...

    featureImg2020.07.17ライトコード的「やってみた!」シリーズ「やってみた!」を集めました!(株)ライトコードが今まで作ってきた「やってみた!」記事を集めてみました!※作成日が新し...

    ノイマン型コンピュータ

    ノイマンがした仕事は、コンピュータが計算を行う基本的な仕組みを考えたことです。

    彼が提唱したコンピュータの基本構成を「ノイマン型コンピュータ」と呼びます。

    今ある、ほとんどのコンピュータはノイマン型コンピュータです。

    ノイマン型コンピュータは、「プログラム内蔵方式」「逐次制御方式」を用いています。

    プログラム内蔵方式

    「プログラム内蔵方式」とは、処理するデータおよびプログラムをあらかじめ主記憶装置(メモリ)に読み込んでおく方式の事です。

    逐次制御方式

    「逐次制御方式」は、演算を行うCPUが主記憶からプログラムを順番に読み込んで実行する方式のことです。

    これは、プログラム内蔵方式を確実に実行するための処理方法です。

    ノイマン型以前のコンピュータは、プログラムを物理的なコードの配線で実現していました。

    また、データは「カード」や「穴あきテープ」で入力していました。

    ただし、この方式だと、プログラムやデータがコンピュータの外に物理的な形で存在するので修正や管理が大変です。

    コンピュータの基本的な構成をつくった人物

    ミツオカミツオカ
    「コンピュータは、ソフトが無ければただの箱」と言われるように、現在のコンピュータはソフトウエアによって、その動作が決められてますよね
    にゃんこ師匠 にゃんこ師匠
    だな!ノイマンは、「ハードウェア」と「ソフトウエア」というコンピュータの基本的な構成をつくった人物なのだ
    ミツオカミツオカ
    現在のコンピュータでは、プログラムやデータはソフトウエアとして内部にあるので、簡単に修正できますもんね

    神童ノイマン

    ノイマンは、1903年、ハンガリーのブタペストでユダヤ系の家庭に生まれました。

    彼は、子供の頃から記憶力がよく、計算が得意だったそうです。

    電話帳や歴史の本を丸ごと暗記した、という逸話が残っています。

    まさに天才!

    計算については、6歳のとき、8桁の割り算を暗算で計算することができたという話があります。

    そして、その『記憶力』『計算力』が基礎となり、早くから数学の才能を開花させていたようです。

    「微積分法」を8歳の時にマスターして、「関数論」を12歳の頃に読破しています。

    微積分は、日本では高校3年生。

    関数論は、理工系の大学1~2年次に学ぶ内容です。

    そんな天才、ノイマンは大学生になり、3つの大学に同時に籍を置き、数学と同時に化学も学びました。

    にゃんこ師匠 にゃんこ師匠
    現在の日本では、二重学籍は認められていませんが、当時のヨーロッパでは可能だったんじゃな
    ミツオカミツオカ
    とはいえ、貪欲な人ですね~

    アインシュタインも認める天才

    1930年代、ナチスドイツの台頭によってヨーロッパのユダヤ人は迫害され、多くのユダヤ人はアメリカに移住しました。

    ノイマンも、その1人でした。

    アメリカに移住したノイマンは、世界最高レベルの研究機関とされるプリンストン高等研究所の所員に選ばれました。

    アインシュタインも認める天才

    同僚には、なんとあのアルバート・アインシュタインがいました。

    アインシュタインは、ノイマンを「我々の中で1番頭が良い」と評しています。

    アメリカは、ドイツとの戦争に参戦し、ドイツに先駆けて原子爆弾を開発するために「マンハッタン計画」を実行します。

    ノイマンは、マンハッタン計画に顧問として参加していました。

    マンハッタン計画でノイマンは、プルトニウム型原子爆弾の起爆原理を研究しました。

    また、原子爆弾の爆発のタイミングとして地上に落ちてからではなく、空中で爆発させることで更にその威力が増すことも計算しました。

    この研究では、多くの計算が必要だったので、ノイマンは効率的な計算機の必要性を実感したのでしょう!

    ミツオカミツオカ
    マンハッタン計画では、ノイマンをはじめとしてハンガリー出身の科学者が多かったらしいですね
    にゃんこ師匠 にゃんこ師匠
    だな!彼らはみな非常に優秀だったんじゃ
    ミツオカミツオカ
    ハンガリー人の学者さんってそんなに優秀なんですね!
    にゃんこ師匠 にゃんこ師匠
    マンハッタン計画の拠点であるロスアラモス国立研究所では、「ハンガリー人は実は宇宙人ではないか」という冗談が、まことしやかに囁かれていたくらいじゃ!(笑)

    ENIACとEDVAC

    ENIAC(エニアック)

    アメリカ軍は第二次大戦中、原子爆弾開発と並行して弾道計算用のコンピュータの開発も行っていました。

    その成果として、1946年に完成したのが最初のコンピュータといわれる「ENIAC」です。

    「ENIAC」は、モークリーとエッカートという2人の技術者によって開発されました。

    しかし、完成したときには戦争が終わっていたので、結局その目的は達成できませんでした。

    「ENIAC」は、現在のコンピュータと異なり、プログラムやデータを外から与える方式でした。

    EDVAC(エドバック)

    「ENIAC」の後継として開発されたコンピュータが「EDVAC」です。

    「EDVAC」を設計・開発したのもモークリーとエッカートの2人です。

    しかし、コンサルタントとして後からプロジェクトに参画し、理論的な裏付けを論文として発表したノイマンの名前が有名になってしまいました。

    そして、「ノイマン型コンピュータ」として定着してしまったのです。

    フォン・ノイマンをもっと知りたい方にオススメの本

    ノイマン・コレクション 数理物理学の方法
    ノイマン・コレクション 数理物理学の方法

     

    計算機と脳
    計算機と脳

     

    ゲームの理論と経済行動〈1〉
    ゲームの理論と経済行動〈1〉

     

    さいごに

    世界最高の頭脳を持つフォン・ノイマンによって、コンピュータの基本的な仕組みが作られました。

    しかし、彼1人でコンピュータ技術が完成したわけではありません。

    その後も多くの人々のアイディアによって、コンピュータは進化を続けています。

    コンピュータは、人類の英知の結晶と言ってよいでしょう!

    こちらの記事もオススメ!

    featureImg2020.07.27IT・コンピューターの歴史特集IT・コンピューターの歴史をまとめていきたいと思います!弊社ブログにある記事のみで構成しているため、まだ「未完成状態」...

    featureImg2020.07.27IT偉人の誕生日特集現在のITがあるのは、「IT偉人」のおかげ!そこで今回は、IT偉人の誕生日をまとめていくことで、時代の流れを追えるよう...

    featureImg2020.07.17ライトコード的「やってみた!」シリーズ「やってみた!」を集めました!(株)ライトコードが今まで作ってきた「やってみた!」記事を集めてみました!※作成日が新し...

    広告メディア事業部

    広告メディア事業部

    おすすめ記事