1. HOME
  2. ブログ
  3. エンジニアになろう!
  4. 【2019年最新】アプリ系エンジニアにオススメの情報源 7選

【2019年最新】アプリ系エンジニアにオススメの情報源 7選

アプリ開発に必要な情報源を知りたい!

ミツオカミツオカ
アプリ開発は、日々技術が進化してて、情報が無限すぎて拾いきれない~!
にゃんこ師匠 にゃんこ師匠
アプリ系エンジニアは膨大な情報の中から「今の自分にとって必要な技術、知識」を嗅ぎ分けて、学んでいかなければならないにゃ

ミツオカミツオカ
だから、他のエンジニアさん達とスキルの差が開いているのね~

にゃんこ師匠 にゃんこ師匠
だから、大事な情報を効率よく入手する必要があるんだにゃ

ミツオカミツオカ
同僚やライバル達がどこで情報収集しているのか教えて下さい~

Android Developers(アンドロイドデペロッパー)

まずは、Android公式のサイトである「Android Developers」を紹介します。

Androidでアプリを作る際に必要な基本的情報のほか、Googleの考える標準的なデザイン、ガイドラインとアプリを作成する上で必須の知識が網羅されています。

情報が充実しており、Developer Guidesを読み進めるだけで開発に必要な知識を得ることができます。

コードのサンプルなども掲載されているので、作成したコードでエラーが発生してしまう場合などは見比べてみましょう。

公式の開発者ブログもあり、新機能や変更点について説明されているのも嬉しいです。

にゃんこ師匠 にゃんこ師匠
Androidアプリを作成する上で、困った時に参照するために必ずブックマークしておくのだぞ~

Qiita(キータ)

2つめは「Qiita」です。

Qiitaは、エンジニア共通の技術情報を共有するサービスです。

習得した新しい技術や、つまづいたことなどを先輩エンジニアが書いていくので、あなたの疑問点が解決できる可能性が高いです。

また、Twitterのように投稿者をフォローしたり、有益な情報についてはストックしておくことができます。

にゃんこ師匠 にゃんこ師匠
多くのエンジニアが参加しているサービスだから、質問や交流が活発なのが嬉しいな。

stack overflow(スタックオーバーフロー)

「stack overflow」も「Qiita」と同じプログラミング技術に関するコミュ二ティサービスです。

英語圏では最大級の技術系Q&Aサイトになります。

英語はユーザーの分母が違うため、質・量ともに圧倒的です。

しかし、日本語版のサイトもありますが、やはり英語サイトのほうが活発といえます。

新しい技術の疑問などもいち早く解決できますので、英語ができる方には是非オススメしたいサービスです。(翻訳サイトを使うのも◎)

にゃんこ師匠 にゃんこ師匠
プログラムでエラーメッセージがでて原因が不明だったなら、まずはそのエラーメッセージをここで検索してみると良いにゃ

GitHub(ギットハブ)

すでに多くの人が知っていると思いますが、初心者のために「GitHub」も紹介しておきましょう。

「GitHub」はソースコードの管理サービスを利用することができ、公開されているコードを閲覧、共有したり簡単なバグ管理の機能を備えていたりします。

ソースコードを公開することで「GitHub」に参加している世界中のエンジニアと一緒に意見を出し合うことができ、共同開発も快適におこなうことができる必須ツールと言えるでしょう。

基本的に、リポジトリは全て公開されます。

しかし、有料サービスを利用すると、特定のユーザーからのみアクセス可能なプライベートなリポジトリを作ることができます。

また、エンジニア採用の際、応募者のコーディングスキルを確認するために、GitHubアカウントの提出を求める企業もあります。

にゃんこ師匠 にゃんこ師匠
GitHubでバージョン管理をやっている企業は多いぞ~

Androidソースコード検索サービス

「Androidソースコード検索サービス」も便利です。

Android、iPhone等のスマートフォン向けに活躍している個人エンジニアをいろいろな面でサポートしようというプロジェクトです。

適当に調べたい単語を入力すれば、関連するファイルを検索することができます。

Web上でAndroidのソースを簡単に見ることができるため、非常に重宝します。

にゃんこ師匠 にゃんこ師匠
リファレンス通りにしてもうまく動かない時は、ここでソースコードを見ると良いにゃ

Android Arsenal(アンドロイドアーセナル)

「Android Arsenal」には様々なライブラリが揃っています。

便利なライブラリやツールが世界中から集まってきています。

あなたのアプリ開発が効率化できるライブラリが見つかるかもしれません。

更新頻度がとても高いので、定期的にチェックされるのを心がけておくといいでしょう。

にゃんこ師匠 にゃんこ師匠
思わぬ拾い物が見つかるかもしれんにゃ!

【穴場】RSSリーダー

基本中の基本のツールとして紹介するのが、「RSSリーダー」というツールです。

エンジニアならば名前を聞いたことがないという人は少ないと思いますが、実際に活用しているかと言えば、知名度の割に利用者は多くないかもしれません。

というのも、Google Readerという大きなシェアを誇っていたRSSリーダーが5年以上前にサービス終了してしまったことを皮切りに、Google ChromesやSafari、Firefoxといった大手ブラウザには標準搭載されなくなったのが大きな要因と言えるでしょう。

今では、「10年以上前をピークに減少し続けている過去のツール」という見方が一般的かもしれません。

しかし、わざわざ毎日チェックするサイトにアクセスせずとも、更新情報・最新情報をチェックすることができるので、日々情報収集をしている人にとっては、まだまだ有用なツールだと思います。

Twitterも、もちろん有効な情報収集ツールでありますが、情報が流れ過ぎてゆくスピードが速く、自分が気になる有用な情報がきちんとストックされ溜まっていくRSSリーダーは、取りこぼしなくチェックしていくのには便利です。

RSSリーダーを有効活用すれば、普段SNSしか見ないエンジニアに比べ、情報収集の面で大きく差をつけることができるかもしれません。

情報を得られる環境を用意しておくと安心

にゃんこ師匠 にゃんこ師匠
アプリ開発では、技術面でいろんな壁にぶつかってしまうが、情報を得られる環境を整えておくと安心じゃにゃ

ミツオカミツオカ
悩みは必ず出てくると思いますが、裏を返せばあなたと同じ問題で悩んでいる人がいるということですからね!
にゃんこ師匠 にゃんこ師匠
些細な問題でくじけないよう、効率の情報の調べ方を身につけておくのもエンジニアのスキルのうちじゃにゃ!

一緒に働いてくれる仲間を募集中!

ライトコードでは、仲間を募集しております!

ライトコードのモットーは「好きなことを仕事にするエンジニア集団」。そのため、あなたがやりたい仕事を全力で応援します。

どうせなら、好きなことを仕事にする方が人生は何倍も素晴らしいものになるはず!また、ライトコードはこれからの会社ですので、みんなで新しい事業や組織を作っていく楽しみもあります。

あなたからのご応募をお待ちしております!

ライトコードでは一緒に働いていただける方を募集しております!
お気軽にご応募ください。

採用情報はこちら

書いた人はこんな人

ライトコードメディア編集部
ライトコードメディア編集部
「好きなことを仕事にするエンジニア集団」の(株)ライトコードのメディア編集部が書いている記事です。

関連記事