1. HOME
  2. ブログ
  3. IT技術
  4. 【CI/CD】BitriseでDeployGateなFlutterのAndroidとiOSをやってみる

【CI/CD】BitriseでDeployGateなFlutterのAndroidとiOSをやってみる

はじめに

秋山笹川先生

(株)ライトコードの笹川(ささがわ)です!

CIシリーズ第3弾です!

引き続きBitriseの使い方を紹介いたします。

ちなみに、今回がBitriseシリーズ最後です!

今回は、クロスプラットフォームのFlutterでAndroidとiOSそれぞれをDeployGateにデプロイしてみます。

前回の記事 :【CI/CD】BitriseでDeployGateなiOSをFastlane matchでやってみる
前々回の記事:【CI/CD】BitriseでDeployGateをAndroidでやってみる

早速設定を始めてみましょう

Flutterのビルド環境はこちら

Androidのビルド環境はこちら

  1. compileSdkVersion 28
  2. buildToolsVersion ‘28.0.3’
  3. minSdkVersion 21
  4. targetSdkVersion 28
  5. keystoreはそれぞれリポジトリに含む

iOSのビルド環境はこちら

  1. 証明書の設定はManual
  2. CLIは不使用
  3. ConfigrationはDebug,Releaseの2種類
  4. AdhocはReleaseで設定
  5. 証明書はDevelopment,Adhoc,Appstoreの3種類
  6. Xcodeは10.2.1

設定してみる

今回は、公式ドキュメントを参考に進めていきます。

【公式ドキュメント】
https://devcenter.bitrise.io/getting-started/getting-started-with-flutter-apps/

しかし、毎度のごとくうまくいきません

署名エラーを対応する

これは、iOSのエラーですね。

前回の記事でも、署名エラーでp12ファイルをアップロードして解決したので同じように対応します。

プロビジョニングプロファイルのエラーを対応する

これは、完全に笹川のミスなのですが、matchなどプロビジョニングプロファイルの署名周りの設定を入れていませんでした

こちらは、p12ファイルと同様にそれぞれプロビジョニングプロファイルをアップロードします。

Workflow Editor → Code Signing → PROVISIONING PROFILE

これで、署名/証明書関連のアップロードは終わりになります。

忘れずに Workflow に Certificate and profile installer を追加しておいてください。

iOSのDeployGateアップロード失敗に対応する

こちらを DeployGate にアップロードする際に、パス指定を $BITRISE_APP_DIR_PATH としましたがアップロードに失敗しました

デフォルトでFlutterビルドで生成されるのは、.appファイルです。

.ipaファイルを生成するコマンドはないようです。

そのため、こちらの記事を参考にScriptを設定します。

Flutter アプリを Bitrise で DeployGate に自動アップロード

これで、.ipaファイルが生成されるようになりました。

DeployGateアップロードのファイルパスを、 $FLUTTER_IPA_PATH へ忘れずに設定してください。

Artifactsにipaファイルが保存されないのを対応する

DeployGateへのアップロード対応でipaを出力するようにしましたが、このままだとArtifactsとして保存されませんのでその対応をします。

こちらは、先程の手順で追加したScriptに1行追加するだけです。

これで、Bitriseを利用したFlutterのDeployGateでのデプロイが完了となります。

Androidの64bitビルドを対応する

昨今、話題になっているAndroidの64bit対応ですが、Flutterでは通常のビルドでは64bit対応されません

Workflow の Flutter BuildAndroid Platform Configs で、 Addtional parameters にパラメーターを追加します。

これで64bit対応がされた.apkファイルが出力されます。

さいごに

秋山笹川先生

iOSのCIビルド、もといビルドそのものは、やはり一筋縄ではいきませんね。

しかし、無料でCIビルドできるって本当に素敵ですね!

今回で、Bitriseシリーズは最終回となります。

お付き合いありがとうございました。

前回の記事 :【CI/CD】BitriseでDeployGateなiOSをFastlane matchでやってみる
前々回の記事:【CI/CD】BitriseでDeployGateをAndroidでやってみる

最終的に出来上がったymlファイル

一緒に働いてくれる仲間を募集中!

ライトコードでは、仲間を募集しております!

ライトコードのモットーは「好きなことを仕事にするエンジニア集団」。そのため、あなたがやりたい仕事を全力で応援します。

どうせなら、好きなことを仕事にする方が人生は何倍も素晴らしいものになるはず!また、ライトコードはこれからの会社ですので、みんなで新しい事業や組織を作っていく楽しみもあります。

あなたからのご応募をお待ちしております!

ライトコードでは一緒に働いていただける方を募集しております!
お気軽にご応募ください。

採用情報はこちら

関連記事