1. HOME
  2. ブログ
  3. IT技術
  4. JavaSE8の資格についてのまとめ
java se8

JavaSE8の資格についてのまとめ

JavaSEの資格の最新は今でも8

Javaは現在(2019年2月)時点で11までリリースされていますが、最新は未だ8となっていて更新情報もないのでまとめてみます。

Bronze

試験時間出題数合格ライン 受験条件受験料
65分60問60%特になし13,600円(税抜)

上位の資格を受験するために下位の資格が必要という設定はよくある(Oracle Masterがそう)のですが、JavaSE8の場合はBronzeの資格がなくても受験することができます。

また、Bronzeの出題範囲に比較的複雑なオブジェクト指向、継承や多態性も含まれており、Silverとの出題範囲との差がそこまで多くないため、Bronzeをスキップしていきなりsilver取得を目指すのがオススメです。

Silver

試験時間出題数合格ライン受験条件受験
150分77問65%特になし26,600円(税抜)

難易度

基本の文法から始まり継承やカプセル化や例外処理の問題、ArrayListやStringBuilderなどの主要クラスの問題というようにJavaプログラマが普段接する部分からの出題がほとんどです。

Javaが書ける人なら何も対策しなくても普通に受かる試験ではないかと思います。

合格ラインが低く設定されていることもあり、未経験の人でもそれなりに勉強して問題集などを解いていれば十分合格できる資格です。

Java8の新機能は?

ラムダ式、LocalDateTimeなどがほんの少し出るくらいで、かなり少ない印象です。

Gold

試験時間出題数合格ライン受験条件受験料
150分85問65%silverの取得26,600円(税抜)

難易度

Silverに比べて長く複雑なコードが出題されることが多く、並列処理の問題などもあるので、Silverよりも大分難しくなっていると感じました。とはいえ合格ラインが65%なので難関というわけでもないです。

Java8の新機能は?

多くの問題にストリームAPIを利用したコードが登場するように、Java8の新機能が多く登場します。

多数の関数型インターフェースやコレクションなどに追加されたメソッドが出題されるので、あまりJava8に触れていない人は勉強になるのではないでしょうか。

try-with-resources文やマルチキャッチなどJava7からの新機能も数多く出題されます。

未経験の方へ

Silver取得のために実際に手元で動かしながら勉強していくと、合格したころにはJavaの基本、プログラムの基本が身についていると思いますのでオススメです。

一番良い色にしたければGoldを受験するのもいいと思います。

経験がなくても資格を取得していたり、実際に何かを開発していたりすると案外普通に開発者として就職できるものです。

一緒に働いてくれる仲間を募集中!

ライトコードでは、仲間を募集しております!

ライトコードのモットーは「好きなことを仕事にするエンジニア集団」。そのため、あなたがやりたい仕事を全力で応援します。

どうせなら、好きなことを仕事にする方が人生は何倍も素晴らしいものになるはず!また、ライトコードはこれからの会社ですので、みんなで新しい事業や組織を作っていく楽しみもあります。

あなたからのご応募をお待ちしております!

ライトコードでは一緒に働いていただける方を募集しております!
お気軽にご応募ください。

採用情報はこちら

書いた人はこんな人

新田 隆(社員)
新田 隆(社員)

関連記事