1. HOME
  2. ブログ
  3. ITエンタメ
  4. 【カーソル編】マウスとカーソルの歴史〜なぜスマホにカーソルはないの?~

【カーソル編】マウスとカーソルの歴史〜なぜスマホにカーソルはないの?~

なぜスマホにカーソルはないのか?

にゃんこ師匠にゃんこ師匠
前回は「マウス」の語源を含めた歴史を紹介したの
ミツオカミツオカ
そうですね!身近なのに知らないことばかりでした!
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
続編となる今回は、そのマウスで操作する「カーソル」について紹介するぞ
ミツオカミツオカ
お!最初は「バグ」って呼ばれていたやつですね!楽しみです

カーソル編~マウスとカーソルの歴史を辿ろう!~

今回は前回に引き続き、マウスとカーソルの歴史を辿っていきたいと思います。

前回の記事をお読みでない方は、まずはマウスの歴史からどうぞ!

では、カーソル編やっていきましょう!

こちらの記事もオススメ!

カーソル(マウスポインタ)の変遷

マウスポインタは黒?白?

パーソナルコンピュータ(ホームコンピュータ)の始祖である、Apple 社のマッキントッシュ。

カリグラフィを習得し、デザインや美的センスが秀でているジョブズ氏のもと作られたマウスポインタは、非常にエレガントな「黒矢印」

Apple 社のセンスが光りますね。

それが Windows95 に時代が移り、人々にとってマウスポインタは「白い矢印」に。

バージョンによっては、銀色っぽい灰色にも変化します。

ただ、ちょっと輪郭線が厚めで、野暮ったい感じ。

「だから Windows はダサいんだよ」という声が、当時からちらほらと聞こえていました。

現在も、Windows =白」「Macintosh =黒」が、マウスポインタの初期設定色です。

待機カーソルが「砂時計」じゃなくなった衝撃

歴史を遡ってみると、待機カーソルの「砂時計」は多くのパソコンユーザーにとって、見慣れた光景でした。

Windows しか触る機会のなかった人々の間で、「待機カーソル=砂時計」の構図が覆されたのが、「Mac mini」の大ヒット(2005年ごろ)です。

店頭デモンストレーション機を使ってみた人々の間で、「Mac の待機カーソルが超かわいい」と話題になったのです。

カーソルデザインに焦ったWindows

もともと、デザイン面で圧倒的に優れていた Macintosh に、Windows も焦ったのでしょうか。

Windows8 の頃には、完全に「砂時計」が消え去り、Mac化した「ぐるぐるする水色の輪っか」になります。

ちなみに Mac では、「くるくるする虹色の輪っか」です。

さて、今後のカーソルは、一体どうなっていくのでしょうか?

ミツオカミツオカ
あ!たしかに「砂時計」でしたね!今のが自然で忘れていました!
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
確かに直感的にわかるというか、「くるくる回る=読み込み」と認識してしまっているな

マウスもカーソルも消し去った「タッチパネル」の台頭

スマホにカーソルがない理由って?

なぜ、スマホにはカーソル(マウスポインタ)がないのでしょうか?

その答えは、「タッチパネル」の存在があるため。

タッチパネルの歴史は古く、1960年代には、すでに「IBM社」が開発していました。

しかし当時のタッチパネルは、駅の券売機に見られるように、同時に1ヶ所でしか操作できません。

つまり、ボタン操作とさして変わらないのが、それまでのタッチパネルだったのです。

ところが iPhone の登場により、「マルチタッチ」という技術を使った、さらに自由度の高い操作が可能になりました。

これによりスマートフォンやタブレットでは、画面の操作を直感的に自由自在に行えるため、「マウスもカーソルもいらない」ということになったのです。

揺らぐマウスとカーソルの存在意義

カーソル(マウスポインタ)が存在する理由は、画面上に映っているものを操作するための指示記号でした。

ところが、直接的な操作ができるタッチパネルができた以上、「マウス」と「カーソル」は、今後消えゆく運命なのかもしれません。

PCモニターにはタッチパネルが搭載され、パソコンそのものを使わない若者も増えたりと、10年前までは想像もつかなかった風景となっています。

悲しくもありますが、着実に便利になり、ますますテクノロジーは発展していくでしょう。

今後の進化も、ぜひ注目してみてください!

ミツオカミツオカ
なるほど!確かに「必要ないからない」って至極当然ですね(笑)
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
そうじゃな。逆につけた方が面倒になってしまうからの

さいごに

モニタ上にだけある「ここにはない、なにか」を示すため作られた、マウスとカーソル(マウスポインタ)。

発明当初は、魔法のように人々の目に映ったことでしょう。

それから、かれこれ50年あまりの歴史を積み重ねているのです。

とはいえ、タッチパネルの普及によって、「マウス」も「カーソル」も必要不可欠なものではなくなっています。

これから、人類にとってのパソコンやスマホの操作はどんな形をとっていくのか、想像してみるだけでも楽しいですね!

\ マウスにはこだわります! /

(株)ライトコードは、WEB・アプリ・ゲーム開発に強い「好きを仕事にするエンジニア集団」です。
システム開発依頼・お見積もりはこちらまでお願いします。
また、WEB・スマホ系エンジニアを積極採用中です!
※現在、多数のお問合せを頂いており、返信に、多少お時間を頂く場合がございます。

こちらの記事もオススメ!


さいごの一言

にゃんこ師匠にゃんこ師匠
2回に分けて「マウス」の歴史を紹介したがどうだったかなの?
ミツオカミツオカ
意外と知らないことばかりで純粋に面白かったです!あと、今後どう進化するのか気になりますね!
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
そうじゃな!タッチパネルとどう共存していくのか?それとも…
ミツオカミツオカ
気になりますね!

ライトコードよりお知らせ

にゃんこ師匠にゃんこ師匠
システム開発のご相談やご依頼はこちら
ミツオカミツオカ
ライトコードの採用募集はこちら
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
社長と一杯飲みながらお話してみたい方はこちら
ミツオカミツオカ
フリーランスエンジニア様の募集はこちら
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
その他、お問い合わせはこちら
ミツオカミツオカ
   
お気軽にお問い合わせください!せっかくなので、別の記事もぜひ読んでいって下さいね!

一緒に働いてくれる仲間を募集しております!

ライトコードでは、仲間を募集しております!

当社のモットーは「好きなことを仕事にするエンジニア集団」「エンジニアによるエンジニアのための会社」。エンジニアであるあなたの「やってみたいこと」を全力で応援する会社です。

また、ライトコードは現在、急成長中!だからこそ、あなたにお任せしたいやりがいのあるお仕事は沢山あります。「コアメンバー」として活躍してくれる、あなたからのご応募をお待ちしております!

なお、ご応募の前に、「話しだけ聞いてみたい」「社内の雰囲気を知りたい」という方はこちらをご覧ください。

ライトコードでは一緒に働いていただける方を募集しております!

採用情報はこちら

書いた人はこんな人

ライトコードメディア編集部
ライトコードメディア編集部
「好きなことを仕事にするエンジニア集団」の(株)ライトコードのメディア編集部が書いている記事です。

関連記事

採用情報

\ あの有名サービスに参画!? /

バックエンドエンジニア

\ クリエイティブの最前線 /

フロントエンドエンジニア

\ 世界はお前の手の中に・・・ /

モバイルエンジニア

\ サービスの守り神! /

インフラエンジニア