1. HOME
  2. ブログ
  3. ITエンタメ
  4. 戦いは続くよ どこまでも「MacとWindowsの歴史」

戦いは続くよ どこまでも「MacとWindowsの歴史」

Mac と Windows の歴史

にゃんこ師匠 にゃんこ師匠
Mac か Windows か…迷うにゃん…
ミツオカミツオカ
PC 業界の2トップですね!実際、「どっちを選べばいいのか問題」がずっと続いてますね!
にゃんこ師匠 にゃんこ師匠
今はもう性能に大差はないから、好みで選べばよいぞ!
しかし、ここまで来るには、両者の熾烈な戦いがあったことは知っておるか?
ミツオカミツオカ
卑劣な戦い?
にゃんこ師匠 にゃんこ師匠
言い得て妙じゃな…って、おい!(消されるぞ…!)
では、Mac と Windows の戦いの歴史を見てみるかの!

Mac 対 Windows 創世記の戦い

IT 業界の 2トップ「Microsoft」と「Apple Computer」。

何かと比較されがちな両社ですが、なんと設立もたった1年の差しかありません。

設立以来、ライバルとして常に競争してきた、2社の歴史を紐解いていきましょう!

こちらの記事もオススメ!

Microsoft 社設立

1975年、ビル・ゲイツポール・アレンが「Microsoft 社」を設立しました。

この時、正式には法人化されておらず、株式会社となるのは6年後のことです。

Apple Computer社設立

出典:wikipedia

そして1976年、スティーブ・ジョブズが、スティーブ・ウォズニアックロナルド・ウェインと共に「Apple Computer社」を設立。

早々に「AppleⅠ」の販売を開始しました。

2社の戦いの始まり

ここから、2社の戦いの歴史が始まることになります。

先手を打ったのは Apple

出典:wikipedia

まず1977年、先に「Apple Ⅱ」でヒットを飛ばし、株式公開したのは Apple 社。

しかし、IBM にチャレンジした次世代モデル「Apple Ⅲ」が、「価格の高さ」「ソフトウェア不足」さらには「初期欠陥でリコール」され、大失敗に終わります。

Microsoft は 16ビットOS を開発

少し遅れて、Microsoft 社でも IBM 用にカスタマイズされた、初の「16ビットOS」が誕生しました。

あの「Windows」の登場は、もう少し先のことです。

こちらの記事もオススメ!

Macintosh と Windows の登場

出典:wikipedia

1984年、初代 Macintosh の「System1」が登場。

世界初の GUI 搭載機だった「Lisa」の廉価版として、ようやく個人でも購入できる価格帯となりました。

翌年の「System2」発売後もさらなる改良を続け、1989年にはフルカラー対応も叶えました。

1985年、初代 Windows 登場

出典:wikipedia

Apple 社に、やや遅れをとりましたが、Microsoft 社も負けてはいません。

1985年にOS「MS-DOS」がネットワーク対応可能となり、「Windows1.0」を発売しました。

そして、1990年に登場した「Windows3.0」から、Windows が一般にも普及し始めます。

Windows 95の爆発的ヒット

出典:wikipedia

1995年、「Windows95」が登場。

Windows 95が売れたわけ

  1. インターネット標準装備
  2. Office の普及
  3. 価格設定

上記要素を兼ね備えた「Windows95」は、爆発的ヒットとなります。

ワープロ専用機を市場から駆逐した上、Macintosh にも大きな差をつけたのです。

ユーザーを囲い込め!

Microsoft 社は、怒涛の勢いで Windows 専用のソフトウェアを充実させていきます。

ユーザーの使いやすさ」や「Windows を使い続けるメリット」を提案し続けることで、ユーザーを囲い込んでいったのです。

にゃんこ師匠にゃんこ師匠
その結果、Windows ユーザーは増加し続け、圧倒的なシェアを得ることになったのじゃな
ミツオカミツオカ
Windows95が、運命の分かれ道となったわけですね!

Windows シェア獲得後の展開

OSX vs WindowsXP

Mac は「OS8.1」から「Internet Explorer」「Outlook Express」が標準装備されます。

そして2001年、「OSX」が登場。

Classic 環境と互換性がありましたが、「OSXv10.4」からは完全に切り離されました。

一方、同じ年に登場した「WindowsXP」は、充実したアプリケーションで人気を誇ります。

軍配は Windows へ

2004年には、とうとう Windows PC のシェアは、Mac の56倍になりました。

Apple 社 の人気商品「iMac」も、「フォルムのかわいらしさ」や「デザイン性」で食い下がりましたが、さすがに歯が立ちませんでした。

Mac が巻き返す

出典:wikipedia

以後、PC 市場は圧倒的な Windows 有利でしたが、2004年以降、Mac が少しずつ巻き返してきました。

  1. 「Mac を使うのがオシャレ」という風潮
  2. intel プロセッサで高性能なノート型「MacBook シリーズ」がヒット
  3. 「iPhone」登場

これらの要因から、Mac ユーザーがどんどん増えていきます。

シェアはなおも Windows が優勢

Windows も、今や「Windows 10」へと進化を遂げました。

  1. マテリアルデザインのデスクトップ画面(Windows 8から)
  2. タッチパネル対応(Mac にはない機能)

今なお、Windows シェアは、Mac の20倍を誇ります。

ミツオカミツオカ
盛り返してきたと言っても、まだ20倍もの差があるんですねー
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
そうじゃな。でも一時期は56倍の差があったのじゃ。そこからシェアを伸ばしていったと考えると…すごいの

Mac と Windows のこれから

2007年に発売された「iPhone」は、あっという間に世界を席巻しました。

従来の携帯電話にアプリ機能を持たせ、マルチタッチを採用した iPhone は、絶大な支持を得ます。

2010年には、「iPad」も登場しました。

戦いの場は PC 市場以外にも

PC だけでなく、iPhone と iPad の販売台数を加えると、Mac と Windowsとの差は劇的に縮まります。

近い将来、両者は拮抗、もしくは Mac が逆転するかもしれません。

戦いの場は、もはや PC だけに留まらず、スマートフォンやタブレットにまで拡大しているというわけです。

Apple 社と Microsoft 社の戦いは、まだまだ終わることはないでしょう。

Windows か Mac、どっちを選ぶ?

Windows と Mac の大きな違いは、「選択肢の多さ」か「デザイン重視か」ということです。

Windows は選択肢が多い

Windows は多くのメーカーが販売しているため、幅広い選択肢が揃っています。

「ブランド」はもちろん、「使い勝手」や「色」「機能」など、よりどりみどりです。

そこまで高性能なものを求めないなら、「安価」な PC を手に入れることも可能です。

デザイン重視なら Mac

Mac は、そのデザインの美しさで熱烈なファンを獲得しています。

Mac は Windows に比べて高価だというイメージもありますが、性能を重視するのであれば、両者の値段はそれほど変わりません。

決め手は「PC に何を求めるか」

他にも、「ゲームがしたいなら Windows」「iPhone を使っているなら Mac でデータ同期すると楽」など、目的や併用するガジェットによって選ぶとよいでしょう。

要は、「ユーザーがPCに何を求めるのか」で、選ぶマシンが変わるということですね。

ミツオカミツオカ
なるほど!「自分が何をしたいか」ですね!師匠みたいにネットサーフィンだけなら安く済みそうですね!
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
そうじゃ!って違うわ!わしもプログラミングしとるわ!

こちらの記事もオススメ!

さいごに

にゃんこ師匠にゃんこ師匠
設立から四半世紀が経過しようとしている両社じゃが、これからも戦いは続くじゃろうなあ
ミツオカミツオカ
Windows と Mac の戦いは、よく「宗教戦争」とも例えられますね!
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
巨大シェアを持つ Windows と、自社で製品開発してきた Mac の将来性は、現在のところ Apple 社が有利に見えるの~
ミツオカミツオカ
時代とともに、Microsoft 社と Apple 社がどう進化していくか、これからも目が離せませんね!

ライトコードよりお知らせ

にゃんこ師匠にゃんこ師匠
システム開発のご相談やご依頼はこちら
ミツオカミツオカ
ライトコードの採用募集はこちら
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
社長と一杯飲みながらお話してみたい方はこちら
ミツオカミツオカ
フリーランスエンジニア様の募集はこちら
にゃんこ師匠にゃんこ師匠
その他、お問い合わせはこちら
ミツオカミツオカ
   
お気軽にお問い合わせください!せっかくなので、別の記事もぜひ読んでいって下さいね!

一緒に働いてくれる仲間を募集しております!

ライトコードでは、仲間を募集しております!

当社のモットーは「好きなことを仕事にするエンジニア集団」「エンジニアによるエンジニアのための会社」。エンジニアであるあなたの「やってみたいこと」を全力で応援する会社です。

また、ライトコードは現在、急成長中!だからこそ、あなたにお任せしたいやりがいのあるお仕事は沢山あります。「コアメンバー」として活躍してくれる、あなたからのご応募をお待ちしております!

なお、ご応募の前に、「話しだけ聞いてみたい」「社内の雰囲気を知りたい」という方はこちらをご覧ください。

ライトコードでは一緒に働いていただける方を募集しております!

採用情報はこちら

書いた人はこんな人

ライトコードメディア編集部
ライトコードメディア編集部
「好きなことを仕事にするエンジニア集団」の(株)ライトコードのメディア編集部が書いている記事です。

関連記事

採用情報

\ あの有名サービスに参画!? /

バックエンドエンジニア

\ クリエイティブの最前線 /

フロントエンドエンジニア

\ 世界はお前の手の中に・・・ /

モバイルエンジニア

\ サービスの守り神! /

インフラエンジニア