• トップ
  • ブログ一覧
  • コンピュータの進歩が限界を迎える?ムーアの法則と突破する方法
  • コンピュータの進歩が限界を迎える?ムーアの法則と突破する方法

    広告メディア事業部広告メディア事業部
    2020.11.09

    ITエンタメ

    コンピュータの進歩が限界を迎える?ムーアの法則と突破する方法

    コンピュータの進歩が限界を迎える!?

    にゃんこ師匠にゃんこ師匠
    ミツオカは、コンピュータの進歩が限界にきておることを知っておるか?
    ミツオカミツオカ
    え?今こんなに IT 技術が急発達しているのにですか?
    にゃんこ師匠にゃんこ師匠
    やはり知らんかったか!
    フフフ…ミツオカもまだまだじゃのう!
    ミツオカミツオカ
    そんないやらしい言い方せずに早く教えてください。
    私の方が我慢の限界がきそうです…!(イラ)
    にゃんこ師匠にゃんこ師匠
    あ、はい!すぐに教えます!
    では、今回はコンピュータの進歩の限界がどうなるのかを、話していくぞい!

    コンピュータの進歩とムーアの法則

    コンピュータの進歩とムーアの法則

    このままいくと、「コンピュータの進化が限界を迎えるかもしれない!」と、巷では噂されていますね。

    それは、コンピュータの世界の発展を支えてきた「ムーアの法則」が、終わりを迎えつつあるから。

    というわけで今回は、コンピュータの進歩に欠かせないムーアの法則と、限界を突破する方法について紹介していきたいと思います!

    ムーアの法則とその限界

    ムーアの法則とその限界

    ムーアの法則とは

    インテルの創業者であるゴードン・ムーア氏

    出典:Wikipedia

    「ムーアの法則」とは、「半導体の集積率は18か月で2倍になる」という、半導体業界の経験則のことです。

    この法則を提唱したのは、インテルの創業者であるゴードン・ムーア氏。

    1965年に、自らの論文の中で提唱しました。

    コンピュータの中心部分である、CPU やメモリは、半導体でできていますよね?

    つまり、コンピュータの性能が、年々「倍々ゲーム」で向上していくことになるのです。

    コンピュータとムーアの法則との関係

    ムーアの法則によると、コンピュータの性能は、

    1. 5年後には: 10倍
    2. 10年後には:100倍
    3. 20年後には:1万倍

    になっていくようです。

    ムーアの法則は、物理法則ではなく、あくまでも技術の発展を予想した経験則。

    とはいえ、実際の半導体の性能は、この法則通りに発達してきました。

    これは、IT 業界がムーアの法則をガイドラインにして、開発・製造を行ってきた結果とも言えそうですね!

    ムーア氏が与えたコンピューターへの影響

    ムーア氏は、「ムーアの法則」を提唱してから、3年後の1968年にインテルを創業

    もちろん、インテルの開発部門の性能目標は、ムーアの法則に則って立てられたのでしょう。

    つまり、パソコンやスマートフォンの急速な普及は、ムーアの法則の影響のひとつ。

    性能が向上し小型化が進んで、コストが下がったことで、一般に普及するようになったわけですね!

    ムーアの法則の限界

    ムーアの法則に、限界きているとされるのは、微細化の限界がきているため。

    そもそもムーアの法則は、半導体の素子を微細化することで、実現されてきました。

    ところが、電子回路の幅が、原子レベルのサイズに近づいてきているのです…。

    その結果、ムーアの法則のペースを維持するのが、困難になってきているわけですね。

    ミツオカミツオカ
    原子レベル!それじゃあ、コンピュータの進化は、ここで終わりなのですか?
    にゃんこ師匠にゃんこ師匠
    いやいや、そんなこともないんじゃ!この限界を突破する方法が、いくつかあるんじゃよ

    コンピュータの限界を突破するには

    コンピュータの限界を突破するには

    ムーアの法則を支えてきた「微細化」以外の方法が、実はいくつか見つかっています。

    ここでは、その方法について、3つほど紹介していきます。

    マルチコアによる並列化

    マルチコア化は、物理的に演算効率をアップさせていく方法。

    プロセッサ単体で性能向上ができないなら、複数のプロセッサの並列処理で、その限界を突破しようというものです。

    パソコンの CPU で、「コア5」とか「コア7」とかいうのを、見かけますよね?

    この数字が、プロセッサの核となる、コアの数を表しているのです。

    サーバ用では、「コア20」や、それ以上のものもありますね!

    ただ、単にマルチコア化しただけで、コンピュータの性能自体が上がるわけではありません。

    また、マルチコア化では消費電力の増えてしまうという、大きな問題も…

    量子コンピュータ

    極めて小さなサイズの世界である「量子力学」では、特殊な性質を利用して、爆速に計算を行うことができます

    それが、近年話題の「量子コンピュータ」です。

    通常のコンピュータのビットでは、「0」と「1」の状態しかありませんよね?

    ところが、量子コンピュータの「量子ビット」では、「0であり1でもある」という重ね合わせの状態も加わるのです。

    この重ね合わせの状態によって、1つの量子ビットで、2通りの状態を一度に表せます。

    2つの量子ビットがあれば4通り、4つの量子ビットがあれば、一度に16通りの状態を表せるわけですね!

    結果として、早く計算の処理ができるようになるのです。

    量子コンピュータってどんなもの?~仕組みと可能性について解説~2020.11.02量子コンピュータってどんなもの? 仕組みと可能性について解説量子コンピュータを紐解こう!にゃんこ師匠ミツオカは、「量子コンピュータ」を知っておるか?ミツオカ知ってます!なんか凄い...

    脳型コンピュータ

    脳型コンピュータは、CPU の構造を設計する上で、脳の仕組みを参考にしたものです。

    脳は、最小単位の計算装置であるニューロンが、1000億個も互いにつながったネットワーク。

    脳型コンピュータも、大量ニューロンのネットワークとして、存在しているわけです。

    なんだか、マルチコア CPU に似ていますね!

    脳型コンピュータは、全体で数百万個のニューロンが、数千個のコアに分割されて格納されています。

    これなら、どれか1つのニューロンが故障したとしても、大量にある他のニューロンのどれかが、替わりになります。

    また、ニューロン同士で同期を取る必要が無いため、クロック信号は不要。

    クロック信号を使わないので、消費電力が極めて低くなることも、脳型コンピュータのメリットです。

    ミツオカミツオカ
    なるほど!コンピュータの限界を突破できそうですね!
    にゃんこ師匠にゃんこ師匠
    うむ!ワシらの未来は、もっともっと進化していくのじゃ!

    さいごに

    さて今回は、コンピュータの進化の限界と、その突破口について紹介してきました。

    ムーアの法則が成立しなくなっても、コンピュータの性能に対する人間の挑戦は、どうやら終わらないようですね!

    これからも新しいアイデアによって、コンピュータは、さらなる進化を遂げていくことでしょう。

    今から、そんな未来が楽しみですね!

    こちらの記事もオススメ!

    featureImg2020.07.17ライトコード的「やってみた!」シリーズ「やってみた!」を集めました!(株)ライトコードが今まで作ってきた「やってみた!」記事を集めてみました!※作成日が新し...
    featureImg2020.07.27IT・コンピューターの歴史特集IT・コンピューターの歴史をまとめていきたいと思います!弊社ブログにある記事のみで構成しているため、まだ「未完成状態」...
    featureImg2020.07.27IT偉人の誕生日特集現在のITがあるのは、「IT偉人」のおかげ!そこで今回は、IT偉人の誕生日をまとめていくことで、時代の流れを追えるよう...

    さいごの一言

    にゃんこ師匠にゃんこ師匠
    どうじゃったかな?コンピュータの進化と限界についての話は
    ミツオカミツオカ
    無限の可能性に、心躍りますねー!
    にゃんこ師匠にゃんこ師匠
    ちなみにワシもまだまだ進化を残してる。これからさらに足が…
    ミツオカミツオカ
    それじゃあ、また次回をお楽しみに!
    にゃんこ師匠にゃんこ師匠
    ワシに興味なし!?
    広告メディア事業部

    広告メディア事業部

    おすすめ記事